B-PACSBLOG2020スバル・WRXSTiの純正ナビ+オプションスピーカーにDSPアンプとサブウーファーを追加!!純正らしからぬサウンド空間に♪♪

スバル・WRXSTiの純正ナビ+オプションスピーカーにDSPアンプとサブウーファーを追加!!純正らしからぬサウンド空間に♪♪

2020/12/12 10:00 CATEGORY: カーオーディオ


スバルWRX STiにカーオーディオで人気のDSPアンプを導入しました。


DSPとはデジタルサウンドプロセッサーの略称で、純正ナビをはじめ社外ナビなどのオーディオの調整機能が大幅にUPするユニットのことです。

さらにアンプが1体となった機種が人気でデジタルアンプならではの省スペース高出力化でDSPユニットとニコイチでシート下に収まるような設計のモノが多くなっています。

従来はプロセッサー+外部アンプとコスト&スペース的にも少しハードルの高いイメージがありましたが、最近のモノは中級クラスのアンプ価格でDSP一体機が手に入ります。


今回、取付のユニットはコチラ↑

μディオメンションのDSPアンプとコントローラー+BLACK BOX X8サブウーファーです!!


スピーカーは純正OPのパナソニック音の匠が前後装着されていまして、前回ご入庫時にドアデッドニングのみ施工させて頂きました。

前回のブログはコチラから


↑μディメンションのDSPアンプ↑

コンパクトですがDSPは8chで内臓アンプは55W×6chと見た目以上のスペックです。

さらに価格はリーズナブルな¥77,000(税別)とDSPをかなり身近な存在にしてくれる一台です!!

シルバーのアルマイト仕上げの本体は、高級感タップリで魅せるインストールにも対応可能ですよ☆☆


DSPのサウンドプリセット切り替えやメイン&サブウーファーのVol調整などを担う、コントローラーはとてもコンパクトでダッシュボード付近への取付自由度も非常に高いです。

ボディはDSP同様シルバーアルマイト仕上げが施されておりこちらも高級感があります!!


6chアンプ&DSP機能をマルチ接続でフル活用するため、音の匠スピーカーに装着されている黒いコンデンサーと黄色いコイルは撤去します。

リアはフルレンジでしたので手は加えていません。


加工済みツイーターは元の位置へ↑

一見するとノーマルですが、しっかりと手を加えてあります!!


DSPアンプ本体は運転席シート下へドロップイン!

薄型コンパクトなんで大抵の車種はシート下取付OKです!!


助手席シート下にはBLACK BOX X8を↑

ちょうど凹部にすっぽりと綺麗に収まりました!もちろんシート干渉無しです!


DSPのコントローラーは普段あまり触らない使い方の様でしたので、グローブBOX内に隠して取付です。

この他にダッシュ取付や各種ポケットなどにも取付できそうなコンパクトサイズなので、色々なところに設置できる魅力沢山なコントローラーです。

別売のOPですが、液晶付きで¥15,000(税別)ととってもリーズナブルです。

インストール完了後はPCを使用してのサウンド調整を実施!!

TAやEQをはじめマルチ接続なのでクロスなども自由自在!じっくりと追い込んで調整していきます!!

DSPアンプ導入で純正OPの音の匠スピーカーは全く別のユニット??と思うくらいに生まれ変わりました!!

サブウーファーで低域増強も相まって、かなり完成度の高いサウンドに仕上がりました♪

このDSPアンプ価格以上にいいユニットでかなりおススメです!!

※使用製品
DSPアンプ/μディメンション DSP-680AMP ¥77,000(税別)
コントローラー/μディメンション DSP-680AMP REMOTE ¥15,000(税別)
サブウーファー/μディメンション BLACK BOX X8 ¥38,000(税別)
ケーブル類/オーディオテクニカ REAL STAGE

施工後のご感想を頂きました!

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

スタッフ顔写真:藤井 一輝
STAFF
藤井 一輝
KAZUKI FUJII
担当:セキュリティ/オーディオ
執筆記事一覧 ≫

車のドレスアップ好きの趣味が高じてこの業界に・・・ 車・鉄道・飛行機乗り物全般なんでも好きです。休日は家族で釣りやアウトドアを楽しんでいる多趣味な2児のパパです。