B-PACSBLOG2022クラシック・シトロエン「DS21] D-PRO TYPE-RE鋼施工

クラシック・シトロエン「DS21] D-PRO TYPE-RE鋼施工

2022/01/26 10:00 CATEGORY: ボディーコーティング

シトロエンは100年の歴史のある自動車メーカーで、クラシック・シトロエンを取扱いが出来る整備技術の凄さでTV取材や雑誌など多く掲載される。京都・伏見にあるクラシック・シトロエンのレストア・販売から、快適に走り続けるためののアフターケアまで行われている。
全国のクラシック・シトロエンユーザーのサポートされているお店「シトロエン専門店アウトニーズ」です。
お店もクラシックカーが多く展示されていてオシャレなお店です。

https://www.auto-needs.com/

その、レストアされた「シトロエン DS21」コーティング施工の依頼がありD-PRO Type-RE鋼施工を行いました。

今回入庫した「シトロエン DS21」は50年前に作られた車で、「シトロエン DS」としては、1975年に生産終了が行われている歴史のある名車で、私より年上の車です(笑)「DS」の名は生産終了の34年が経過した2009年「DS3」の新型車を発表して復活したのち2015年「グループPSA(プジョー・シトロエングループ)」の新たなるブランド「DSオートモビルズ」として名が復活した歴史があります。

 

今回の磨き作業では、レストアされた車で塗装面も再塗装された物ですので、磨き作業での怖さは無かったですが、パーツのエッジ部分が広くその間にゴムパーツがあるので、マスキング処理を行いながら丁寧に磨き作業を行っていました。特にボンネットは気を使いました。フロントフェンダーが出っ張りがありボンネットが内側に入り込んでいるので、ポリッシャーのパットの大きさを使い分けて磨いていました。そして、塗装面の艶・輝きを意識して最適な磨き作業を行いました。

D-PRO Type-RE鋼の一つの特徴でもある。低分子構造被膜を形成するガラスコーティングで塗装膜にガラスコーティングが染み込む量を減らし塗装表面にしっかりと硬化してくれるガラスコーティングです。再塗装し塗装面に最適なコーティングと言えます。
しっかりと特殊発光LEDで丁寧に拭き上げればかんせいです。

レストアされた「シトロエンDS21」をコーティング施工して、50年前もこんなに輝きしていたんだろうと思います。
歴史のある名車を施工でき満足できる仕上がりになりました。

STAFF
村田 総一
SOICHI MURATA
担当:フィルム/コーティング
執筆記事一覧 ≫

趣味はライブ、プロレスだ。ライブ会場に行くには愛車のレヴォーグ。 西へ東へドライブがてら会場へ最長は日帰りで新潟まで行った事がある。