B-PACSBLOG2021三菱エクリプスクロスにDYNAUDIO(ディナウディオ)スピーカーをインストール!メタルバッフルインストールでハイクオリティサウンドに♪♪

三菱エクリプスクロスにDYNAUDIO(ディナウディオ)スピーカーをインストール!メタルバッフルインストールでハイクオリティサウンドに♪♪


三菱エクリプスクロスのフロントスピーカーにデンマークのハイエンドスピーカー♪DYNAUDIO ESOTAN(エソタン)をインストールしました。


お選びいただいたのは店内のデモボードで視聴可能なESOTAN236(40thAnniversary)です。

このスピーカーデモボード内でもかなりの人気商品!理由はデモボードを視聴して頂くときっとわかると思いますよ!!


ミッドバスは6.5インチのMSPコーン採用でアルミバスケットの質感かなり高い仕上がりです。

特にバスケットの造形は同価格帯の他メーカー製品を遥かに凌ぐ高級感です。

アルミボイスコイルへのリード配置も180°で配置し、振動板の均等ストローク化を考慮した設計となっています。


1.1インチのツィーターはコチラも質感高くファブリックドームツィータで嫌味の無い、艶やかで伸びやかな高域再生!!

造りも非常に精巧でカスタムインストール時にも映えるルックスも好印象です!

ミッドドライバー同様、ボイスコイルのリード線が180°で配置設計されているので、こちらも振動板の均等ストロークを意識した造りとなっています。


車両への取付ですが、まずはフロントドアの制振加工!デッドニングを施します。

純正の防水シートとブチルゴムを除去した状態↑

細部まで徹底的に清掃&脱脂を行い、制振材の密着性を最大限に引き出します。

この作業が不十分だと、同じ量の制振材を貼り付けても制振効果に大きな差が出ます!


アウターパネルにDr.ARTEXのGold HDを施工した状態↑

インパクトビームなどがあるドア内部は、様々な大きさに切り出したデッドニング材を的確に配置します。


スピーカー背面はDr.ARTEXの上にスピーカー背面で発生する不要な音を吸収&反射を抑えるaudiotechnicaのアコースティックコントロールシートを施工します。


インナーパネルは制振と同時にサービスホールを埋め、防水シートの代わりをデッドニング材が担うので貼り付けは広範囲に施工↑

接着面積が少なすぎると制振性能は勿論ですが、防水(耐水)性が低下するので広く確実に圧着施工します。

ワイヤー引き込みなどの細部も、専用のアルミテープなどを使用し防水性を考慮した施工を行っております。


デッドニングのあとはスピーカーの取付ですがメタルバッフルにてインストールします。

内張り側のクリアランスとドアガラス下降時のクリアランス制限がなかなかシビアなお車でしたが、事前に現車チェックでご入庫頂き、ベースバッフルにカロッツエリア、リングスペーサーにM&M Desing PCD1を使用し取付OKでした。

画像はありませんが、エクリプスクロスをはじめ現行三菱車は、ドア側のスピーカーホールの切削加工が必須です。

加工を行わないと雨水などのがスピーカー裏に溜まりショートする不具合や、溜まった水が隙間から車内に進入してきてしまう不具合の原因となります。

音質面でもスピーカーの背圧がスムーズに抜けなくなるので、せっかくのスピーカー交換も台無しになってしまいます。


ESOTAN236のミッドバス装着↑

メタルバッフルでボルト締結はもちろんですが、ディナウディオは取付ピッチが8本留めにも対応できるので、通常の4本留めよりもさらに強固な固定が可能です。

強固な固定が可能なメタルバッフル取付ならではの迫力の低域再生は一度聞くと病みつきになりますね!!


ツィーターはダッシュボード奥の純正スペースにインストール↑


ESOTAN236のツィーターはアクリルベースを製作し純正同様にビス留め取付。

ツイーターも取付ひとつで音質面に様々な影響がありますので、ドア同様にシッカリと取付です。

純正グリルを被せるので取り外し可能なツィーターグリルは取り外し、音抜けを意識した取付を行いました。

少し大型のクロスオーバネットワークは左右シート下に設置しました。

ESOTAN236は端子入れ換えでのツィーターアッテネーターを備えているので、取り出して調整できるように考慮しました。


ご入庫時、ヘッドユニットにカロッツエリアのサイバーナビが取付されていましたので、仕上げにサウンド調整を行います。

今回はノーマルモード+ディナウディオのパッシブでのインストールですが、現行サイバーナビヘッドならネットワークモード接続にて、フロント2wayマルチシステム構築もできますので、リアスピーカーレスで味付けを変えたければこの選択もアリですね!!

その場合ツィーター・ミッドのTAも独立で調整できるので、よりステージング感を追求することも可能です!!

今回ノーマルスピーカーからのディナウディオへの換装で、ご入庫時とは別物のサウンドになりました♪

スピーカーのポテンシャルが高いのはもちろんですが、サイバーナビとの相性もとてもよく、さらに調整を加えることでかなり完成度の高い車音空間が完成しました。

追加でサブウーファーがあるとさらに迫力&深みに富んだオーディオシステムになると思いますので、今後のシステムアップのひとつにご検討いただければと思います。

※装着製品
スピーカー/DYNAUDIO ESOTAN236 40thAnniversary ¥99,000(税込)
メタルバッフル/カロッツエリア+M&M Desing PCD1
デッドニング/Dr.ARTEX+audiotechnica
スピーカーケーブル/audiotechnica

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

スタッフ顔写真:藤井 一輝
STAFF
藤井 一輝
KAZUKI FUJII
担当:セキュリティ/オーディオ
執筆記事一覧 ≫

車のドレスアップ好きの趣味が高じてこの業界に・・・ 車・鉄道・飛行機乗り物全般なんでも好きです。休日は家族で釣りやアウトドアを楽しんでいる多趣味な2児のパパです。