B-PACSBLOG2020JB64Wジムニーに15%の遮熱スモークフィルムを貼った濃さは!?

JB64Wジムニーに15%の遮熱スモークフィルムを貼った濃さは!?

2020/08/18 10:00 CATEGORY: カーフィルム

こんにちは。京都でカーフィルム施工の専門店をしているビーパックスです。
納期が1年以上待ちといわれている爆発人気を誇っているJB64W型ジムニーのリアガラス・クォーターガラスのセットで遮熱スモークフィルムを施工させていただきました。


カーキやグレーの落ち着いた色が多い中、この綺麗なブルーのボディ中々見かけない色ですね♪ 良く目立ちますが、かなり綺麗な色でした。

車を買ったら最初にやっておきたいフィルム施工ですが、リアはスモークタイプを選ばれる事が多いです。
その中でも最近は遮熱タイプを選ばれる方が非常に多く、店舗の体感器で違いを確認していただいてから「やっぱこっち!」と高遮熱タイプを選んでいただく事も増えました。


↑体感器の一例

施工させていただいたのはIKC社の遮熱スモークフィルム「シルフィード」です。中でもSC-7015といわゆる15%の可視光線透過率のフィルムです。プライバシーガラスの上から貼ると、外からの見えにくさと、中からの見えやすさどちらも欲しい方にオススメ出来る濃さになります。


通りすがりの距離程度でパッと見て車内が見えない程度です。


近づいてもかなり濃くなってますね♪荷物載せる方なんかだとやっぱりこのくらいの濃さがあった方が安心出来ますね。

かなり至近距離ですが、リアガラスはフロントガラスとの距離が長く光りが入りやすいので角度によって車内が見えてしまいます。それでも貼る前より大分と濃い印象です。


運転席あたりから後ろを覗いた感じです。外からはあまり見えなかった車内ですが、一方車内からは外の景色が良く見えます。夜間でも結構見えます。

シルフィードのスモーク着色は原着タイプなので長期間の使用でも色あせが少なくクリアな視界が売りです!フィルムは一度貼ると貼りかえる事は少ないですが、市販品なんかだと色あせや糊がすぐに傷んでしまうケースがあります。高い耐久性と柔軟性を保ち長く綺麗なままお楽しみいただけます。

シルフィードの特徴
・赤外線を抑えて涼しく快適な空間へ
・日焼けを防ぐUVカット機能
・クリアな視界
・飛散防止効果

SC-7015のスペック
・可視光線透過率:13%
・紫外線カット率:99%
・赤外線カット率:92%
・日射反射率:6%
・日射吸収率:60%
・日射透過率:34%
・遮蔽係数:0.61%

暑さをどれほど凌いでくれるかを見る目安として遮蔽係数(しゃへいけいすう)をよく参考にしますが、0.61%はスモークフィルムならではの高遮熱フィルムとなっております。また、紫外線カット率99%でカーフィルムを貼る事でさらに大幅な紫外線カットが出来るので、日焼け対策に、車内の内装保護にも活躍します。

シルフィードの体感はビーパックスの店舗で出来ます。
どのくらいの濃さが良いのか迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

↓問合せ先↓
ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

STAFF
有吉 琢磨
TAKUMA ARIYOSHI
担当:フロント
執筆記事一覧 ≫

物心がつく前から車が好きで、幼少期にマイカーで回る動物園に行っても車ばっかり追いかけていたそうです。 運転して楽しい車が好きで、ドライブに欠かせないオーディオカスタムもゆっくり楽しんでいます。