B-PACSBLOG2020JB64Wジムニーの雨音対策&断熱効果&サウンドアップ♪

JB64Wジムニーの雨音対策&断熱効果&サウンドアップ♪

2020/07/11 15:24 CATEGORY: カーオーディオ 電装全般

ジムニーに座ったところから、天井位置が近いためか雨音がうるさいとの声をよく耳にします。
そんな時に活躍する「ルーフデッドニング」。
一緒に断熱もして快適にしちゃいましょ~

今回施工したのはJB64W ジムニーです。

JA71、JA11ジムニー達を彷彿させるデザインが大人気で納車待ちはなんと1年以上みたいですね。

最近のジムニーも需要の変化でオシャレに乗りたい方の割合が増えているのではないかと感じています。その為かJB64WはAT車も多く見かけますね。
となれば快適に乗れる事は割と必須。
雨音がうるさいとあまりいい気はしませんよね~。サクッと快適にしたいものです♪
さらに!ジムニーはスピーカーの低評価も物凄く耳にします。走行してても気持ち良く楽しめるスピーカー交換も一緒にしちゃいましょ~

と、いうことで今回は車の雰囲気がガラッと変わるオススメメニュー
「ルーフデッドニング」と「スピーカー交換」の2本立てでお送りいたします。

施工前の画像はありませんが、ルーフライニングを降ろし、デッドニング剤を貼りこみます。今回はDr.ARTEXを使用しています。
効果としては遮音・制振・断熱・保温などが見込めます、特に雨天時の雨音は劇的に少なくなるので、オーディオチューンナップをしている方にはかなりおすすめのメニューですよ♪


※Dr.ARTEX
DrArtex(ドクターアルテックス)のブランドバリューは、品質に妥協しない点は勿論ですが、市場の動きに敏感に対応し、安定した商品供給が出来る点にあります。長年に亘る研究や様々な比較テストによる車用の防音、防振マーケットに関する知識や経験は、革新的な商品開発や更なる品質向上に反映されています。DrArtex(ドクターアルテックス)商品の主な特徴は、無毒無臭で再生原料を使用していない事です。更に軽量で、柔軟性や損失係数が高い事も特徴です。我々は車に乗る全ての人達へ、より良い環境をもたらす解決策を提供します。


貼り込む前はシリコンオフを使用して、ルーフパネル隅々までの入念に脱脂します、ルーフパネルには凹凸などもあるので、この作業が適当だと制振材を圧着しても十分密着せずに剥がれや、制振効果の低下の原因となります。

断熱・遮音・拡散シートを制振材の上から貼り込みます。
ルーフの端から端まできっちりと貼り込み、高級車並みの静音化を実現します。
バッチリと貼り込んだので、コレはかなりの効果があります!!
このあとライニングなどを復元して作業完了です。


そして同時に交換させていただいたスピーカーは「BLUE MOON AUDIO」
ジムニーはドアスピーカーになったものの片側1つずつしか付いておらず、いい音どころか走行中は周りの音にかき消されてしまうほど。楽しいドライブに欠かせない音は少しでもいい音にしておきたいところです♪

中でもBLUE MOON AUDIOはJB64/74にピッタリはまるトレードインスピーカーを設けています。

コアキシャルドライバーにはジムニー専用のアルミ製極厚バップル板が設定されています。これのお陰で心地良い~低音を奏でてくれます♪

またこの広がる良い位置にツィーターが来ることで、定位もあがり高速道路でもかき消されない音と楽しいドライブ空間になることをお約束しています。
このトレードインスピーカーが当たりで、結構なサウンドアップします。
DSP機能の付いているカーナビなどに変えられている場合はぜひセットアップも一緒にオススメいたします。

BLUE MOON AUDIOのトレードインスピーカーは¥78,000+税
専用アルミバッフルが付いている事を考えるとお値打ち価格です。ドアのデッドニングと合わせての施工をオススメいたします~!

↓問合せ先↓
ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

STAFF
有吉 琢磨
TAKUMA ARIYOSHI
担当:フロント
執筆記事一覧 ≫

物心がつく前から車が好きで、幼少期にマイカーで回る動物園に行っても車ばっかり追いかけていたそうです。 運転して楽しい車が好きで、ドライブに欠かせないオーディオカスタムもゆっくり楽しんでいます。