B-PACSBLOG2020BLUE MOON AUDIO RX165搭載のFJクルーザーをHELIX DSP導入でシステムアップ♪♪

BLUE MOON AUDIO RX165搭載のFJクルーザーをHELIX DSP導入でシステムアップ♪♪

2020/02/15 17:56 CATEGORY: カーオーディオ


常連様のFJクルーザーのオーディオシステムアップを行いました、定期的にアンプやケーブル交換などシステムアップして頂いているお車です。

お使いのナビのRCA出力基盤の調子が悪く、ナビ修理もしくは交換を検討していただいておりましたが、ハイレベルでの今回DSP導入で出力方法を変更することで、不具合個所を回避させ、併せて音質改善も図るべくご入庫頂きました。


前回までのオーディオはこんな感じです↑

BLUE MOON AUDIOのフラッグシップモデルRX165をアウターでインストール、ツイーターはAピラーへカスタムインストール、アンプはモスコニA100.4、SP・RCA・パワーケーブルはレグザット、ウーファーはラゲッジにKIKCERの12インチでナビはDIATONE NAVI 100PREMIといった状況です。

RCA基盤の調子が悪いDIATONEナビは少し贅沢ですが、再生用機材として使用することにしました。


今回仕様変更で導入したのが、こちらのシグナルプロセッサーHELIX DSP.3です。

ダイヤトーンナビではサウンドセットアップメモリは2パターンでしたが、メモリ数を増やすためにDIRECTER(コントローラー)も導入しました。

ヘアラインにブラックアルマイト仕上げの存在感アリアリのDSPです♪♪


DIATONEナビもハイレゾ対応(96kHz/24bit)ですが、DAPを直接DSPに接続できるよう、オプションのUSBモジュールも取付けてあります。

これによりハイレゾ音源は96kHz/36bit対応になりました。


DSPは助手席下にモスコニアンプを設置しているので、運転席下にベースを製作して設置しました。

オーディオユニットがたくさん搭載されていますが、ラゲッジのウーファー以外は積載量の変化のないインストールにしているので、システムアップを進めていくと、何かとユニットが多くなるカーオーディオですが、目立って使い勝手が悪くなることはありません。


サウンドセットアップ切り替えや、ナビとUSB入力を切り替えるDIRECTERはセンターコンソール前方に見やすく操作しやすいよう、角度をつけて設置しました。

パネルへの埋め込みも検討いただいておりましたが、こちらは次回ご入庫時にカスタムインストールですね!!


ハイレゾ入力用のケーブルは高音質オーディオUSBのFURUTECH Formula2を取付、こちらは使いやすいようにコンソール脇へ、せっかくのハイレゾ入力ですし細い貧弱なUSBケーブルではなく、音声入力に特化したケーブルに拘るのは音にも見た目にもアリですね!!この他DIATONEナビにスマホミラーリングできるように配線追加も行いました。

HELIXDSP.3導入後、調整もいい感じで決まり、かなり大きな音の変化が見られました。

搭載している各ユニットの良い所が、アレもコレも出てきたような印象でエネルギッシュなGOODサウンドに変化しました♪

スピーカー交換されている方!DSP導入でさらなるサウンドアップ体感してほしいですね~!

DSP単体の機種から、アンプ内蔵DSPなど様々な種類と価格帯がありますので、このブログを見てDSPって何だかよくわからないけど・・・そんなにすごいの??って興味を持たれたら、是非ビーパックスへご来店ください!

現状のお車のオーディオシステムと予算などを含め、最適な機種選び~メリット&デメリットをご説明させていただきます!!

※使用ユニット
デジタルシグナルプロセッサー/HELIX DSP.3  ¥120,000(税別)
USBオプション/HEC USB HD AUDIO INPUT MODULE ¥28,000(税別)
SPケーブル/audio technica
USBケーブル/FURUTECH USB CABLE

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]