B-PACSBLOG2019BMW640カブリオレにボディコーティングを施工しました。

BMW640カブリオレにボディコーティングを施工しました。

2019/10/27 08:00 CATEGORY: ボディーコーティング

今回はBMWが誇るプレミアムラグジュアリークーペ6シリーズの中でもカブリオレな640にボディコーティングを施工したのでご紹介します。

まずは車の紹介から!!
平成23年に販売が開始されたF型6シリーズですが早くも8年が経過してるんですね。
640に搭載するエンジンは直列6気筒ターボ!!
確か6シリーズはツインスクロールターボだったと思います(間違っていたらすみません)
古くなってもいいデザインですね!!
今現在はクーペやカブリオレの販売はしておらずグランツーリスモだけになっています。
8シリーズが復活したからでしょうか?
さて、なぜBMWは直列6気筒エンジンを積極的に今まで採用して有名になったか知っていますか?
BMWが直列6気筒エンジンにこだわり続けたのは、エンジンとしての振動特性に優れていること、またそれが自らの理想とするエンジンだったと言われています。
M4にはMTも設定されており走りをすごく楽しめる1台だと思います。

今回施工するボディコーティングはソフト99 G’ZOXです。
「G’ZOXとは?」
ガラス系コーティング被膜に高レベルの撥水性能を付与させた、硬質ガラス状被膜による超耐久性と驚異的な撥水性を発揮するガラス系コーティング剤です。

特徴として

①耐候性  紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを保護

②防汚性  汚れが固着せず、水洗いでカンタンに流れ落ちる

③接着性  塗装と強く密着し、長期間コーティング性能をキープ

④耐熱性  高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止

⑤耐薬品性 排気ガス等に含まれる有害成分による塗装の劣化を防止

⑥硬質   強く硬い被膜が、チリ・ホコリ等によるキズ付きを防止

⑦光沢   ガラス状被膜ならではのキラめくように美しい輝きを演出

⑧ツヤ   厚く透明な被膜で息を飲むように深く質感のある艶を実現

当店のラインナップの中ではスタンダードの位置にあるコーティングですが、
「ディーラーでコーティングしたくないけどプロショップじゃ高いなぁ」と、思われている方にオススメです。

実売価格としてはディーラーで施工する価格のプラス2万円くらいになっているので、
新車で購入の際はぜひ相談頂けたらと思います。
ビーパックス京都店は「G’ZOXパートナープログラム認定(施工技術、施工施設がトップレベルのG’ZOX公認ショップ。)」に認定されているのでガソリンスタンドや屋外で施工しているコーティングショップとは違い、屋内で熟練の施工技術をもったプロがみなさんの愛車を施工させていただきます。
なお、京都府の認定店はビーパックス京都店のみとなっています。

・日本車よりも比較的固いBMWの塗装もしっかり磨いて綺麗にしていきます。

・コーティング塗り込みも慎重な作業!!拭き取りも傷が入らないように気が抜けません!!

・時間をかけたぶん最高の仕上がりに。。

いろんな所でコーティング施工されている(ガソリンスタンド・カーディラーなど)お客様がいますが、まだまだプロショップで施工されたことがある方は少ないのではないでしょうか?
専門店には最新のコーティングラインナップが揃っており、お客様の環境に合わせた最適のコーティングを相談させていただきながら選ぶことができ、施工後のアフターフォローも手厚いのが特徴です。
施工して終わりではなく施工してからスタートだと思っています。
愛車の綺麗な状態を少しでも長く維持できるようにご相談だけでもしていただけたらと思います。

STAFF
林田 尚也
NAOYA HAYASHIDA
担当:主任/コーティング
執筆記事一覧 ≫

小学生の時に車の魅力に惹かれて、今では車を綺麗にする事に夢中になっています。 趣味は、ゲーム・寝る事・洗車…子供の頃のワクワク感を忘れず、楽しく作業をしています。