B-PACSBLOG2019VWアルテオンに太陽のジリジリを軽減する遮熱カーフィルムを施工しました!

VWアルテオンに太陽のジリジリを軽減する遮熱カーフィルムを施工しました!

2019/06/22 12:42 CATEGORY: カーフィルム 透明遮熱フィルム

こんにちは。京都でカーフィルム施工の専門店をしているビーパックスのフロント業務をしている有吉です。

VW(フォルクスワーゲン)のフラグシップセダン「アルテオン」の運転席・助手席・サンルーフに遮熱フィルムを施工させていただきました。
年中降り注ぐ太陽の暑いジリジリする赤外線をカットするので運転中の厚さを軽減でき快適に運転できるアイテムです。

フロント周りに貼る遮熱フィルムのメリット
車内の暑さ対策に最も効果の高いアイテム
紫外線カットで日焼けから守り、がん予防・内装焼けから守る
飛散防止効果で自然災害時なども安心感UP
車検対応商品があるので、見た目はほとんど変わらない

暑い日差しを大幅にカットしてくれるフィルムは毎年大人気です。

ビーパックスの施業が凄いと言われている理由

「本当に貼ってるの?」と言われるくらいわかりづらく、アルテオンみたいなハードトップの車でも、この通り!ガラスギリギリまで施工しております。

また、このアルテオンの天井部はガラスサンルーフが付いています。
気持ちの良い日差しはドライブの愉しさ・所有感に満たされますが、日差しが辛いとのデメリットもよく聞きます。常に太陽光が降り注ぐ天井に貼るカーフィルムのオススメは・・・

ズバリ!ミラーフィルムです!
遮熱型スモークフィルムと何が違うの?

スモークフィルム・透明遮熱フィルム等に採用されている赤外線カットの多くは「熱吸収型」フィルムに分類します。一方でミラーフィルムは「反射型」に分類します(イメージそのままですね)
イメージしたまま膨らましてもらうと、、反射型は熱を外に跳ね返すので、遮熱効果が非常に高いフィルムが多いです。熱吸収型でも反射型に匹敵するほどの遮熱効果があるフィルムはありますが、反射型はガラスに熱がこもりにくい利点もあります。見た目の好みもあるので、最近のリアガラスはスモークフィルムが主流ですが、ミラーフィルムの性能はかなり高くオススメです。

サンルーフにミラーフィルムを貼った見た目!!

元々スモークがかったガラスで、サンルーフにミラーフィルムを貼っても違和感なし!
ガラス周辺も黒い部分がありますが、特に違和感はありませんでした。
車内からもこの通り!ミラー感も少なく見やすいです!

頭上に近いのもあり、ミラーフィルムを貼る事で快適な室内空間に。
さらにサンルーフは外の景色を見たい方も多いですよね。ミラーフィルムは可視光線透過率が高いので、車内への光の取込・外の景色もバッチリ見えます。

 

ビーパックスから一言

運転中の暑いジリジリをなくしたい、運転中の日焼けが気になる、社内を見られたくないなど様々なお悩みがありませんか?
ビーパックスではお客様一人ひとりのお悩みを正しく聞き取り、お悩みを解消できるようにコーディネートさせていただきます。
ぜひ一度お問合せ下さい。

押し売りなどは一切しませんのでご安心ください^^

 

↓問合せ先↓
ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

STAFF
有吉 琢磨
TAKUMA ARIYOSHI
担当:フロント
執筆記事一覧 ≫

物心がつく前から車が好きで、幼少期にマイカーで回る動物園に行っても車ばっかり追いかけていたそうです。 運転して楽しい車が好きで、ドライブに欠かせないオーディオカスタムもゆっくり楽しんでいます。