B-PACSBLOG2023たった一枚で安全性が飛躍的に向上!!プライバシー保護や・・・快適性UPだけが魅力ではありません!!

たった一枚で安全性が飛躍的に向上!!プライバシー保護や・・・快適性UPだけが魅力ではありません!!

2023/08/07 18:00 CATEGORY: カーフィルム スモークフィルム

一般的にカーフィルムというと、まず真っ先に思いつくのが・・・いわゆる黒く着色をしたスモークフィルムではないでしょうか?

こちらは紫外線対策やプライバシー性能を求めての施工依頼が多いです。

その他にガラスを介した太陽光による車内の温度上昇や、冬季のヒーターの暖気ロスを軽減を実現!!
遮熱性能に特化しながら、ガラス面の見た目を変えずに施工できる透明フィルムなどがあります。

しかし、フィルムには目隠しや快適性などを向上させる以外にもメリットがあります!!

その効果は実際使うことが無いのが一番なのですが・・・

フィルムが有ると無いでは有事の際、被害の状況が大きく変わってきます。

それは事故や天災など、様々な要因により窓ガラスが破壊された時です!!


自動車は視界の確保などを目的に、ほとんどの車両でほぼ全方向にガラスが配置されています。

↑の写真のフロントガラスで現在の車には合わせガラスが使用されている為、事故などで破損しても、2枚のガラスの間にある中間膜のおかげで割れたガラスの飛散や破片での人的被害は最小限にとどめられます。

しかし、そのほかのガラスには一部車種を除くと、ほとんどの場合は強化ガラスが装着されています。

この強化ガラスは一般的なフロートガラスに比べ3~5倍の強度があるといわれており、面で受ける衝撃には強いのですが、点での衝撃には弱い性質があります。


↑はハンマーで衝撃を与え破壊されたサイドガラス(強化ガラス)です。

強化ガラスは通常のガラスとは違い、破壊された際に粉々に割れる特徴があります。

概ね1センチ角以下の細かい粒になり、尖った破片になるフロートガラスに比べると、ブロック状の破片となり搭乗者への攻撃性が少ないとされています。

ですが、実際の事故に遭った方の怪我の状況などを聞いていると、飛散したガラスでの負傷は多からず少なからず耳にします。

強化ガラスは割れるとき、ガラス全体が爆発するように割れる性質があります。

事故で割れた際は物体移動による更なる衝撃が加わりますから、衣服でおおわれていない搭乗員の身体に当たれば、破片が鋭く尖っていなくても人的被害が出てしまいますね。

自身が気を付けて安全運転をしていても、いつ襲ってくるかわからない交通事故!!

もし事故ににあってしまった際、この様なガラスの飛散を防ぐにはどうしたらいいのか??

答えは・・・カーフィルムの装着(貼付)です。

ちなみに飛散に特化するのであれば、飛散防止フィルムという厚さが50μm以上の物が望ましいのですが、通常のカーフィルムでも施工・未施工では全く状況は変わってきます。

通常のUVやIRカットが目的のカーフィルムはフィルムの厚さは25~38μmのため、飛散防止フィルムの様にガラスの飛散をほぼ完全に防げるという物ではないのですが、薄いフィルムたった一枚でも、未装着と比べるとガラスによる怪我などのリスクを減らすことはできます。

ちなみに私自身こんな経験をしております↓↓


これは私の過去所有車ですが、某駐車場内で駐車していた車が、ペダルの操作ミスによりバックギアでアクセル全開!!突然、自車の側方に突っ込んできました。

少し離れた場所からまずまずの速度で突っ込んできたためセンターピラーが損傷、スライドドアの中心部に相手の車の後方がめり込む被害となりました。

この時・・・後部座席には6歳の娘と姪が乗っていて、スライドドアが事故により激しく変形したことで、強化ガラスのリアサイドガラスも破損し粉々に割れてしまいました。


これはその時の車内側の写真です↑

ドア内張も変形したドアに押し込まれドアから外れてしまっています。

この様な状況でしたが、ガラスにはスモークタイプのIRカットフィルムを貼り付けしていたため、車内には一切ガラス片の侵入はなく、後席に乗っていた娘たちも幸い無傷で済みました。

もしフィルムを貼っていなかったら・・・想像もしたくありませんね。

知っているケースでは事故で強化ガラスの破片が目に入ってしまい、それが原因で失明されている方も少なくはありません。

いわゆるスモークフィルムと呼ばれるタイプの物でも、これだけの飛散防止性があり、乗員の保護に効果があることを身をもって実感しました。

安全性を向上させる効果もかなりありますので、愛車へのフィルムの装着は絶対おススメです。

ちなみに高熱線吸収ガラスやプライバシーガラスと呼ばれる車両用着色ガラスなどは、強化ガラスと同様の製法で作られますが、原料の中に金属物質などが混ぜてあります。

この金属が紫外線や暑さを和らげてくれるのですが、名称では強化ガラスと謳っていても完全な透明強化ガラスとは違い、破損時には少々鋭利な破片になってしまうこともわかっています。

ファッション性や快適性の向上が目的といっても、一番大事な安全性を疎かにはできません。

私の経験上、カーフィルム装着だけで着色強化ガラスの攻撃性は概ねカバーできますよ!!

万一の際に安心安全・日焼け対策もOK・夏は涼しく冬は暖かい!などなど!!費用対効果では決して高価ではないカーフィルム!装着しないなんてもったいないです。

メリットたっぷりなカーフィルムのことは・・・迷わず!プロフェッショナルショップのビーパックスにご相談ください!!

受付時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

スタッフ顔写真:藤井 一輝
STAFF
藤井 一輝
KAZUKI FUJII
担当:セキュリティ/オーディオ
執筆記事一覧 ≫

車のドレスアップ好きの趣味が高じてこの業界に・・・ 車・鉄道・飛行機乗り物全般なんでも好きです。休日は家族で釣りやアウトドアを楽しんでいる多趣味な2児のパパです。