B-PACSBLOG2021ファンキーゴースト×コートテクトはインパクトがすごい!

ファンキーゴースト×コートテクトはインパクトがすごい!

2021/08/03 15:40 CATEGORY: カーフィルム

こんにちは!ビーパックス京都店です。

20系ヴェルファイアのフロントガラスに「ファンキーゴースト」を施工させていただきました。元々フロントガラスはコートテクトにガラス交換がされており、フロントサイドにはウルトラヴィジョンが貼ってありました。
コートテクトを貼った上にオーロラ系やプリズム系フィルムを貼るとどうなるのか…以外とネットであまり載っていない印象があるのでご紹介してみたいと思います。

そもそも、ファンキーゴーストはネットで見ていると車内からかなり見えにくい印象があったのでオススメしていなかったのですが、強い要望により施工に至りました。そのためどうなるのか予想しにくかったですが…。

施工されている製品紹介

※コートテクトとは
金属膜の多層コーティングで赤外線を反射し、赤外線透過率を大幅に軽減する遮熱ガラスです。金属膜がコーティングされているので青く光って見えます。反射型はとても遮熱効果が高いですがGPSや地デジアンテナ等を集約する必要もあるガラスです。コートテクトの参考画像は下記をご覧ください。青白いガラスになるのが特徴的です。※ver.2

※ファンキーゴーストとは
#PR99(FUNKY)ファンキーゴースト プリズム99
ゴーストオーロラシリーズに比べ反射発色が強いフィルムです。可視光線での光の干渉を起こし、金属のような発色反射があります。(金属は含まれません)
透過色は紫〜青、反射発色はブロンズ〜ローズ〜シャンパン〜ターコイズグリーンなど色目が角度、部位で変化します。

【光学スペック】
3mmガラスに施工 JIS計測値
◇可視光透過率:非公表 ◇可視光反射率:21% ◇日射吸収率:10% ◇日射反射率:15% ◇日射透過率:75% ◇遮蔽係数:- ◇紫外線遮蔽率:99%

【計測数値】
※実測値で保証値ではありません
簡易計測器フィルムのみ
◇可視光透過率(PT-50):78〜81% ◇可視光透過率(TM2000):81〜89%
3mm透明フロートガラスに施工
◇可視光透過率(JIS)  77%
3mm透明フロートガラスに施工
◇可視光透過率(550nm)  83.8%

名の通り、”ファンキー”な見た目のフィルムです↓↓

施工開始!

フロントガラスの周りを養生します。今回ざっくりとした写真ですが端っこは特にしっかりと養生してあります。フロントガラス付近は電装品等が集中しているのでかなり危険です。※既に熱成型中です~

フロントガラスは熱成型を施していきます。1枚目の写真もですが、中々ヤバい雰囲気ぷんぷんしています…。

ガラスの下地処理後、フィルムを施工します。ゴーストは施工が大変と聞きますが、まずガラスの大きさに加え内装がかなり邪魔をするので態勢の負担が大きいです。窓を拭くのも大変と考えると…。
その後チェック→乾燥後に組付け等を行い完成です。

目立ち度MAX!なフロントガラスに

施工後はかなり激しい仕様へと変貌しました。ゴーストシリーズの中でもかなりド派手で太陽光に当たると反射して眩しいほど。ちなみにですが、可視光線透過率はコートテクト単体82%→施工後78%の透過率がありました。(平均値)元の透過率が高かったこともあり施工後の可視光線透過率も非常に高い数値が出ていました。
見た目はコートテクトに変えていなくても「大して変わらないんじゃないか」、というくらいファンキーゴーストの存在感がありました。(コートテクトの遮熱効果は大きいと思います!)

ほかのゴーストシリーズだと、下から見上げる分にはそんなに発色するイメージは無いのですが、ファンキーゴーストはかなり発色しています。

近くで見る分には赤みも出ていますね。

しかし!車内からもかなりファンキーな印象に…

施工中風景にも映りこんでいたように車内からはピンク色になっています。反射もきついので正直かなり見にくいです。見にくいというよりかは”気持ち悪い”表現が合っているかもしれません。他で出ているネット画像と現物の雰囲気も似ています。

サイドガラスに貼ってある定番紫系のフィルムは黄色なので通常でも見にくくなっているはずなのですが、見やすいと感じるほどに違和感があります。
弊社にご来店いただくお客様のほとんどが、ゼノン2ゴーストなどの黄色ですら「あ~~~…。」と思われるくらいなので、やはり余程これが良いと思う方以外オススメしにくいですね。(一番人気のゴースト2ネオはかなりマシな印象です)。

どれくらいピンクが強いかというと、サイドガラスに紫系のフィルムが貼ってありますが、飛び越えて内側のピンクが目立つほどです。

屋内はこんな感じです。こちらは実際に近い見た目です。助手席ガラスはごく普通に見え、ガラス以外の範囲は当然クリアですが、フロントガラス越しだけは濃いピンク色をしています。夜間も見やすいゴーストシリーズですが、ファンキーゴーストは少し違った印象がありました。

コートテクトの見た目は影響が少ない!?

ファンキーゴーストの場合は、コートテクトの反射感はそこまで影響が少ないように思います。ただし、遮熱効果に関してゴーストシリーズの体感力は大きくないので、コートテクトガラスに交換する事で絶大な遮熱効果を体感できるかと思います。またコートテクトガラスは20系ヴェルファイアの場合高い透過率があるのもポイントですね。ファンキーゴースト単体で車内から見た時の影響が強いので個人的に「どうしてもこれじゃないと!!」という方以外は積極的なオススメは出来ません。ぜひ参考になれば幸いです。

STAFF
有吉 琢磨
TAKUMA ARIYOSHI
担当:フロント
執筆記事一覧 ≫

物心がつく前から車が好きで、幼少期にマイカーで回る動物園に行っても車ばっかり追いかけていたそうです。 運転して楽しい車が好きで、ドライブに欠かせないオーディオカスタムもゆっくり楽しんでいます。