B-PACSBLOG2021初代フィットのスピーカーをリフレッシュ!カスタムインストールで音質も一気にUP!!

初代フィットのスピーカーをリフレッシュ!カスタムインストールで音質も一気にUP!!

2021/01/30 12:30 CATEGORY: カーオーディオ


2001年のデビューからもうすぐ20年の初代型FIT(GD系)のスピーカー交換をさせて頂きました。


ご入庫頂いた時点でフロントスピーカーはALPINEのコアキシャルタイプに交換されていました。

インナーバッフルはアルパイン製のインナーバッフルですが、定番の雨水による腐食が発生しバッフル下部は合板が分離をしはじめていました。

バッフル自体の防水性が弱いのも原因ですが、ホンダ車ではより腐食しやすい傾向にあります(^^;

理由は後程・・・。


交換させていただくスピーカーは店内デモボードで不動の人気NO’1スピーカー!BLUE MOON AUDIOのミドルクラス[AX165]です。

16.5㎝のカーボンコーンミッドバスに25㎜の大径ツィーターの2wayコンポーネントです。

ネットワークはバイアンプ対応の本格クロスオーバーネッワークで価格以上のサウンドクオリティが人気の理由です!!


インナーバッフルにはアルミ系のメタルバッフルM&M DESIGNのホンダ用ベースバッフルにMX22SPとPCD1を使用しました。

メタルならではの高耐久性と高剛性が魅力の人気バッフルです。


前述したホンダ車のバッフル腐食の原因ですが、このスピーカー取り付け部の開口部形状に問題があります。

インナーバッフルを取付けた際にドアパネル開口部がインナーバッフル内周よりも小さく、バッフル下部に雨水が溜まってしまうためMDFや合板製のバッフルで防水処理が甘いと腐食して分離してしまいます。

スピーカーの固定が甘くなるのももちろんですが、分離してしまうと隙間から雨水が侵入し車内へ流入してしまうこともあります。

音質面でもスピーカーの背圧が綺麗に逃げないので不利になります。


内周に合わせてマーキング↑

かなりの範囲がかぶっています。

純正スピーカー取付用の切り欠き部を見てもわかるようにかなり水が入りやすく錆が進んでますね。


がっつりとカットしていますが、純正戻しも可能な状態に切削しています。


対象部をカットし防錆処理を行った後、ベースバッフルに22㎜のアルミバッフルとPCD1を固定します。

バッフル総額が定価で¥61,800(税別)の贅沢なバッフルです!!


ドアの加工が完了してから、デッドニングは未施工だったのでしっかりと制振加工させて頂きます。

制振材はDr.ARTEXのGOLD HDを使用しています。

メタルバッフルにAX165でもデッドニング無しだと性能発揮できません!!


インナーパネルにもDr.ARTEXを貼り込みドアの強化はバッチリです。

ゴールドアルマイトのバッフルにAX165のミッドをマウントしドアは完成です。


お次は高域担当のツィーターインストールです。

オプションでツイーターポッドなどもラインナップされていますが、今回はAピラーにカスタムインストールを施します。


位置決め&レーザーにて角度出しを行いベースをパテ成型して埋め込みします。

すべてパテ成型だと重量増が懸念されるので骨組みなどを作成し極力軽量化して製作しています。

盛っては削りの繰り返しで面やラインなどを出していくので、結構な時間がかかりますが音質面でのメリットと見た目の変化がかなり大きく、満足感の高いカスタムインストールはインストーラー自身も気合が入ります。


成型後ウルトラスエードで仕上げました。

質感がとてもよく高級感がある人気の生地でインテリアのグレードUPも図れます。

ノーマルのプレスラインを利用して一体感を出してみました。

音だけでなく見た目からもカスタムオーディオ車であることが分かりますし、そのサウンドも1ランク上のものとなります。


ヘッドユニットはKENWOODの彩速ナビの上級モデルが装着されていましたので、フロント&リアチャンネルをフル活用しマルチチャンネル接続を行い、プロEQモードにて独立調整を行いました。

取説にも載っていない裏メニュー的な使用方法で、現在この接続が可能なナビヘッドユニットは彩速ナビ・サイバーナビ・ダイアトーンナビくらいです。

TAなども独立調整が可能なので、通常の接続よりもよりステージ感や奥行き感などの面で有利な調整が可能なため、完成度の高い車音空間に仕上がります。

AX165の太く豊かな低音再生性能がメタルバッフルによりさらに強力になり、カスタムインストールでのツイーター取付によりステージ感たっぷりで、ヴォーカルは生々しく聞き応えのあるサウンドに変化しました。

外部アンプや本格DSPを使用せずともここまでの完成度はマルチ接続可能なヘッドユニットならではの芸当です。

次回はサブウーファー追加にて更なる臨場感を体感して頂きたいですね~♪

※使用製品
スピーカー/BLUE MOON AUDIO AX165  ¥85,000(税別)
インナーバッフル/M&M DESING MX-614 ¥16,000(税別)
               MX-22SP ¥33,800(税別)
               PCD1 ¥12,000(税別)
デッドニング/Dr.ARTEX
ケーブル/audiotechnica

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

スタッフ顔写真:藤井 一輝
STAFF
藤井 一輝
KAZUKI FUJII
担当:セキュリティ/オーディオ
執筆記事一覧 ≫

車のドレスアップ好きの趣味が高じてこの業界に・・・ 車・鉄道・飛行機乗り物全般なんでも好きです。休日は家族で釣りやアウトドアを楽しんでいる多趣味な2児のパパです。