B-PACSBLOG2020日産・セレナ(C27)にジャーマンサウンド♪GROUND ZEROスピーカーをインストール♪♪

日産・セレナ(C27)にジャーマンサウンド♪GROUND ZEROスピーカーをインストール♪♪

2020/12/26 19:00 CATEGORY: カーオーディオ


日産セレナのフロントスピーカーにドイツのオーディオメーカーGROUND ZERO(グラウンドゼロ)スピーカーをインストールしました。


今回インストールしたのはGROUND ZEROのスタンダードモデル、RADIO ACTIVE GZRCシリーズの2wayコンポーネント[GZRC 165.2SQ-IV]です。


6.5インチのアルミコーンミッドウーファーに2.5㎝シルクドームツィーターで構成されていて、中でもスタンダードクラス価格帯では珍しく別体クロスオーバーのためバイアンプ接続にも対応!!

内臓アンプのヘッドユニットでも4chをフル活用することで、ヘッドユニットの機能次第で独立TAやレベル調整が可能なマルチチャンネル接続ができます。

価格はとってもリーズナブルな¥38,000(税抜)とオーディオエントリーユーザーにも優しい価格帯ながら、ハイクオリティなディティールはかなり満足感高しです!!


アウターバッフル取付の際のグリルネットも標準装備で、後のシステムアップにも対応可能です~♪


さて取付ですが・・・まずは基礎!土台作り!!ドアデッドニングから↑

高効率なスピーカーユニットを取付ける際に欠かせないメニューがドアデッドニングです。

カーオーディオの多くは車両のドアにスピーカーユニットが装着されていますが、決してベストな位置とは言えません。

インテリアデザインや機能性などの面から仕方なく、ここに行き着いた感じです。


そんなオーディオ的にベストではない取付位置ですが、少しでも理想の取付&環境に整えることができるのがドアデッドニングです。

ドアに使われる鉄板の板厚はとても薄く、合わせ鉄板やインパクトビームなどを除いた鉄板単体だと、手で簡単に曲がるくらいの強度しかありません。

そんな貧弱な土台に常に振動し、音を出しているスピーカーを取付けるとスピーカーの駆動力に負けてドアが共振してしまい、スピーカー本来のの性能が引き出せないだけでなく、振動エネルギーにドアが負けてしまい、様々な異音なども発生してしまいます。

ドアデッドニングでドアのサービスホールを埋めながら、ドアの外板&内板に制振材を貼り付けることで、厚みと重量が増し、鉄板強度を高まりますし、同時にドア自体をスピーカーBOXすることができます。

この作業をやるとやらないでは、同じスピーカーでもその音色は全くの別物になってしまいます。


次に大切なのはデッドニングで強度を上げたドアとスピーカーユニットの間に使用するインナーバッフルです。


今回インナーバッフルにはジュラルミン素材で抜群の強度と剛性を誇る、削り出しのバッフルM&M Desingをベースバッフルに使用します。


ベースバッフルの上に同社のバッフルスペーサーPCD1をドッキング↑



ドアに仮付けしたところドア鉄板がバッフル内径よりも小さいので背圧コントロール&排水性などを考慮しドア鉄板カットします。

ここの処理の有無で音質はガラッと変わってきますのでこの処理は必須ですね!防錆処理もしっかりと行います!!


バッフルを本固定しGROUNDZEROのミッドウーファーをガッチリとドアに固定します。

もちろん取付はボルトでの締結で取付強度は申し分なしです。

高効率なミッドウーファーの動きをしっかりと受け止めてくれるはずなので、その鳴りっぷりに期待!!

見た目もゴールドアルマイトでかなりゴージャスなドア内に☆☆


仕上げに内張り組付け後に、スピーカー周りへドア内への音の回り込みを抑制するための処理を行います。

ここまで込みでドア2枚¥40,000(税別)のデッドニングはかなりお値打ちです!!


高域担当のツイーターはダッシュボード奥の純正スペースにインストールですが・・・。



C27セレナはダッシュ上面を取り外さないと純正ツイーターにアクセスできません(^^;

ささっとダッシュ外して、純正ツイーター分解しステー流用加工にてGROUNDZEROを固定!ガッチリ固定で安定の音質です♪♪

フタをしてしまえば見えない部分ですが、ユニットの固定は音質に関わるのでしっかりと処理します。


ツイーターのネットワークはダッシュ内に収めました。



組み上げ後、音出しチェックとサウンド調整を行います。

カロッツェリアの楽ナビでしたのでTA&EQ&レベル調整を中心にさせて頂きました。

ノーマルスピーカーからの交換なので違いは歴然ですが、メタルバッフルならではの高剛性で力強いパワフルな中低域に、生々しいヴォーカルが魅力的なサウンドに仕上がりました。

ストックインストールで見た目はノーマルですが、鳴らすとしっかりと聞き応えのあるジャーマンサウンドを奏でてくれます♪

GZRC165.2SQ-IVは弊社デモボードで常時試聴可能ですので、お気に入りのサウンドソースで是非聞いてみてください~!!

※装着ユニット
スピーカー/GROUND ZERO GZRC165.2SQ-IV ¥38,000(税別)
メタルバッフル/M&M Desing MX611Ⅱ¥16,000(税別)
バッフルスペーサー/M&M Desing PCD1 ¥12,000(税別)
デッドニング/Dr.ARTEX
スピーカーケーブル/GROUND ZERO

施工後のご感想を頂きました!

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

スタッフ顔写真:藤井 一輝
STAFF
藤井 一輝
KAZUKI FUJII
担当:セキュリティ/オーディオ
執筆記事一覧 ≫

車のドレスアップ好きの趣味が高じてこの業界に・・・ 車・鉄道・飛行機乗り物全般なんでも好きです。休日は家族で釣りやアウトドアを楽しんでいる多趣味な2児のパパです。