B-PACSBLOG2020ルノー・カングーのルーフデッドニングで車内静音&断熱効果をプラス!!

ルノー・カングーのルーフデッドニングで車内静音&断熱効果をプラス!!

2020/12/07 10:21 CATEGORY: インテリア カーオーディオ


フランスのルノーを代表するオシャレなバンワゴン、カングーのルーフデッドニングを施しました。

ルーフデッドニングはオーディオ的なプラス効果+車内の静音効果(雨音などの軽減)と断熱効果も期待できます!!

本国フランスではデリバリーバンやタクシーなどで使用されることが多い車種で、その立ち位置の関係でルーフライ二ングを剥がすとご覧の通り↑制振シートや吸音材などは全くない状態です。

このままだと夏場は太陽光で車内はすぐに熱くなりますし、反対に冬場はヒーターで暖めても外気の影響を受けやすくなります。

もちろん降雨時は雨粒がルーフに当たる音、雨音が結構な音量で聞こえてきます・・・。

今回それらをルーフデッドニング施工で対策していきます!!

ルーフパネルには油脂類や製造時の汚れなどが付着していますので、念入りに脱脂作業を行います。

ドアデッドニングと違い車内での作業ですのでクリーナーで鼻がムズムズ・・・(^^; マスクでガード&我慢で作業を進めます。

パネルサイズにカットした制振材Dr.ARTEXを貼り込んでいきます!

面積が大きいので最初はローラーで空気を逃がすように少しずつ圧着し、↑画像の様にある程度貼り込めたら固めのスキージーさらに圧着していきます。

ドアと違い体勢的にも少し大変な作業ですが効果を左右する部分なので、確実&丁寧に貼りこみます。

ルーフパネルはフラットと思いがちですが、大体の車種はパネルの強度確保のため↑のような凹凸が設けてありますので、その形状に合わせてしっかりと密着するように作業しなければいけません。

全面にDr.ARTEXを貼り終えた状態↑

見た目からしてなかなか効果がありそうでしょう?でもその想像以上に効きます!!

これはあくまで憶測ですが、パネル表面の強度も上がるので雹害も受けにくいかもしれません(^^♪

お次はルーフの骨格内に断熱&吸音効果のあるシンサレートを詰め込んでいきます。

細かな部分ですがこれが意外と効果大でせっかくルーフ降ろしてるので・・・施工費は少々上がりますが、コレやって損なしです!!

ルーフ全面に同様のシンサレートを敷き詰めます↑ふわふわで気持ちよさそうな天井になりました!!

昔、カスタムでムートン仕上げのルーフライニングのクルマとか結構居ましたが、なんだかそれを彷彿させます!懐かしい。

この後ルーフライニングを元通りにして、ご納車前に洗車させて頂きその際に車内でシャワーオンや圧水での遮音性を確かめましたが、コレは凄い!!かなりの水圧で水を噴射してもかな~り静かです!!

夏場ではないので炎天下での断熱性はチェックできませんでしたが、鉄板のみの状態からなので効果はかなりあると思われます!!

今回は輸入車での施工でしたが、国産の軽バンやミニバンなどルーフ面積が広い車はかなりの効果が見込めます。

ルーフを降ろすといった比較的大掛かりな作業なので、費用は¥100,000~となりますが、費用対効果はイイと思いますよ!!

ドアは定番中の定番ですが、ドアの次はルーフパネル攻めてみませんか?オーディオ的効果も快適性UP効果も見込めます♪♪

※使用製品
デッドニングシート/Dr.ARTEX
吸音材/3M社製シンサレート


オーナー様からのご感想を頂きました♪

カングーのルーフデットニングの効果をご報告させていただきます。

帰りの高速で車内での走行音全般が下がったように感じました。

・オーディオのボリュームを今までは、高速道路に入ると1or2上げていましたが、一般道と同一の音量で十分聞き取れる程でした。

・90Kmを超えたあたりからの天井からのヒュルヒュル音(ルーフレールの風切り音)が無くなりました。

・感覚的にですが、走行中に剛性感(安定感)がでたような気がします。


受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

スタッフ顔写真:藤井 一輝
STAFF
藤井 一輝
KAZUKI FUJII
担当:セキュリティ/オーディオ
執筆記事一覧 ≫

車のドレスアップ好きの趣味が高じてこの業界に・・・ 車・鉄道・飛行機乗り物全般なんでも好きです。休日は家族で釣りやアウトドアを楽しんでいる多趣味な2児のパパです。