B-PACSBLOG2020BLUE MOON AX165装着のキャラバンのオーディオをHELIXで思いっきりシステムアップ♪

BLUE MOON AX165装着のキャラバンのオーディオをHELIXで思いっきりシステムアップ♪

2020/01/22 12:00 CATEGORY: カーオーディオ


新車でのご入庫の際に人気オーディオブランドBLUE MOON AUDIOのミドルクラスAX165をインストール、その後HELIXアンプにJLのウーファーとシステムアップを続けて頂いてるこちらのキャラバンですが、今回さらに思い切ったシステムアップを施工させていただきました。


ツイーターは新車時に埋め込みにてカスタムインストール済み、フロントドアのデッドニングなど基本的なものはビーパックスで施工済みです。

ただし音の入り口!ヘッドユニットが純正オプションナビとオーディオヘッドとして、やはり物足らない感じでした。

そこで根本的な音質改善を図るべく新しく投入したユニット群です↓↓


職人気質の国、ドイツの人気カーオーディオブランドHELIXのデジタルサウンドプロセッサー[DSP.3]にハイレゾ再生のためのUSBオプション!これで純正デッキ介さずにDAPより直接デジタル入力が可能に!!それに加えて外部アンプも投入です!しかもHELIXのフラッグシップAB級アンプ[C FOUR]をインストールさせていただきました。

アクリルトップパネルでアンプ基盤が見える、機械好きの心揺さぶるメカニカルなアンプです!!


インストールの前に、まずはHELIX DSP.3にUSBエクステンションカードを装着します。

こんな感じで分解して、今回のUSBをはじめ外部入力端子を増設します。

基盤を触る精密作業ですが、やり始めるとなんだかワクワクします♪♪


無事に外部端子スロットを増設したHELIX DSP.3はセカンドシート下に製作したアンプラックの下段に収納しました。

この上段ラックにC FOURとM ONEアンプが入るので、このDSP.3は普段目に入ることはありません。

でもこれが無くては調整も決まりませんし、まさに縁の下の力持ち的な存在ですね!!


DSP.3のセットアップ切り替えや、ナビとUSB入力の切り替えを行うDIRECTERはナビ下にステーを使用して設置しました。

シフトノブとドリンクホルダー共にギリギリのクリアランスで自然に収まりました。

ちなみにこのDIRECTERはパネルなどへの埋め込み加工もできます!!


アンプも設置してカバーをかぶせるとこんな感じに仕上がりました。

既設のJL AUDIOの8インチBOXウーファーはエンクロージャーを流用しラック一体型としています。


あっ!当たり前ですが後部座席は問題なく使用可能です!!


左側のアンプラックにはHELIX C FOURアンプの基盤内LEDが煌びやかな光の演出を☆

もっと光らせてしまえ!ってことで!!ラック開口部にはアクリルLEDライティングを設置しました!!

上の画像と色が違うのでもうお分かりかもしれませんが・・・




LEDはド派手にマルチカラーにしてます!

イルミネーションひとつで一気にカスタム感が底上げされますね~!!

単色での固定や光量調整も可能ですし、順番にカラーチェンジしていくオートモードなどもあり、カーオーディオとは別でコレはコレで楽しめますよ♪♪




今回アンプラックと同調する形でフロント左右の足元にもマルチカラーのフットライトLEDを設置しました。

これも気分やシーンに合わせてカラーチェンジ、ON/OFFできるのでかなり楽しめますね!!

肝心の音の変化ですが、純正ナビヘッドでは調整&補正できていなかったのがDSP投入により、調整幅が何倍もUPし外部アンプ導入により力強い中低域になり、高域に関しては伸びや広がり感がかなり良く鳴ったと思います。

セットアップデータも数パターンがメモリー可能なので、いろんなパターンで設定をさせて頂きました。

お仕事中に荷室で音楽を聴かれることもあるそうなので、シートは倒さないといけませんが、荷室重視なんてのも入れてあります!!

音に見た目に入庫前とはガッツリ変化がでました。

今後のシステムアップもまたお待ちしております!!

※使用ユニット
4chアンプ/HELIX C FOUR
プロセッサー/HELIX DSP.3

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]