B-PACSBLOG2020脱ポータブルDAP!安心して操作が出来るメディアプレーヤーが新発売!

脱ポータブルDAP!安心して操作が出来るメディアプレーヤーが新発売!

2020/10/18 16:01 CATEGORY: オススメ製品情報

こんにちは!京都でカーオーディオ販売取付をしているビーパックスです。

カーオーディオでハイレゾを楽しまれている方の多くはポータブルのDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)を使用したり、USB、SDカードをお使いの方が多いですが、純正オーディオの方はUSBでハイレゾ!というわけにはいかず、またはDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)の性能が低くてせっかくのハイレゾを高音質で楽しめていないといった方も居られるかと思います。

高品位なDSPを取付られている方は、USBでのスロットやaudioTechnicaのDACからポータブルDAPを使い聴くのが定番的ですよね。
audioTechnicaのDACは以前から発売されており、とても高い評価が得られています。
[AT-HRD500]

しかし、曲の変更はポータブルプレーヤーを触らないといけないので、運転時にはとても危険。また、乗り降りの際にUSBに抜き差ししてから再生ボタンを押したり止めたり….結構メンドクサイのです。
基本的にはUSBに繋いでいる時に充電も出来ないので、「車に乗っている時こそ充電のチャンス!」と思っている人にはモヤモヤしながら使わないといけないわけです。さらにメンドクサイ

なんでも高品質な物だったり危険から守ろうとする物はひと手間ふた手間掛かる事が多いのでそれが世の中の常として認識されていますが、audioTechnicaはその手間を大幅に減らそうと、独自のプレーヤーが発売されます!


[AT-HRP5]です
さまざなな仕様に対応出来るために、音声と映像出力が別々に出来るのが特徴で、以下のような組み合わせで使用する事が出来ます。


<HDMI入力対応のヘッドユニットへHDMIケーブルで音声・映像をデジタル出力>
・外部入力のあるヘッドユニットに、音声・映像を出力。
・手持ちのヘッドユニットで再生できないフォーマットを車内で再生可能に。
・画面を触らず、付属のリモコンのみで操作可能に。

<RCA入力対応のヘッドユニットへRCAケーブルで音声・映像をアナログ出力>
・外部入力のあるヘッドユニットに、音声・映像を出力。
・手持ちのヘッドユニットで再生できないフォーマットを車内で再生可能に。
・画面を触らず、付属のリモコンのみで操作可能に。

<ヘッドユニットにHDMIケーブルまたはRCAケーブルで映像出力
 DSPなどへCOAXIAL DIGITALケーブルまたはOPTICAL DIGITALケーブルで音声をデジタル出力>
・外部入力のあるヘッドユニットに、音声・映像を出力。
・手持ちのヘッドユニットで再生できないフォーマットを車内で再生可能に。
・画面を触らず、付属のリモコンのみで操作可能に。
・DSPへデジタル出力で、ハイレゾ音源を劣化なく伝送。
 (PCM32~192kHz 16~24bit ネイティブ転送) (DSD音源は、PCM192kHz 24bit 変換)

<ヘッドユニットにHDMIケーブルまたはRCAケーブルで映像出力AT-HRD500などオーディオテクニカ デジタルトランスポートへUSBケーブルで音声をデジタル出力>
・外部入力のあるヘッドユニットに、音声・映像を出力。
・手持ちのヘッドユニットで再生できないフォーマットを車内で再生可能に。
・画面を触らず、付属のリモコンのみで操作可能に。
・DSPへデジタル出力で、ハイレゾ音源を劣化なく伝送。
 (PCM32~384kHz/24bit ネイティブ転送) (DSD音源は、PCM192kHz 24bit 変換)
・ハイエンド外部DAC使用で更なる高音質化。

映像と音声を同時に、映像と音声を別々に出す事も出来るのでかなり自由度が高く、大体の仕様の車には付けられるようになっています。
ちなみに、先ほどから出ている映像とは、動画も含まれますが、「プレーヤー」なので、リモコンで選択する時に表示するモニターが別途必要となります。


また、再生フォーマットの対応力も大体の曲や映像は流せるんではないかといったくらい対応しています。
●音楽再生 対応ファイルフォーマット
※対応フォーマットのデータでも形式・作成方法などにより正しく再生できない場合があります。
・MP3 (.mp3):32 – 320kbps (VBR対応) / 32, 44.1, 48kHz
・AAC (.aac.m4a):16 – 320kbps / 8-48kHz
・FLAC (.flac):16, 24bit / 8-384kHz
・ALAC (.m4a):16, 24bit / 8-384kHz
・APE (.ape):8, 16, 24bit / 8-192kHz (Fast, Normal, High)
・OGG (.ogg):8, 16, 24bit / 8-192kHz
・WAV (.wav):16, 24bit(float) / 8-384kHz
・DSD (.dsf, .dff):1bit / 2.8224, 5.6448
●動画再生 対応ファイルフォーマット
※対応フォーマットのデータでも形式・作成方法などにより正しく再生できない場合があります。
・AVI、MKV、MP4、MOV、M4V、FLV
●動作可能楽曲数
※楽曲数が15,000曲を超えた場合、正しく動作しない場合があります。15,000曲以内でのご使用をお勧めします。
・約15,000曲

また、プレーヤーなので高品質にハイレゾを楽しみたい方はAT-HRD500との組み合わせがオススメとの事です。USBの入力は外付けハードディスクやUSBが対応します。プレーヤーは接続不可となっております~~
買い替えの方向けのお話ですが、HELIXなどのOPで用意されているUSB HD AUDIO INPUT MODULE(USBスロット)には対応しないそうです。残念!!メチャクチャ惜し~~~です!(メーカーページを見ている限りだと光入力に変更すれば良さそうに思いますが)


・USB出力により AT-HRD500・AT-HRD5・AT-HRD1 とのデジタル高音質接続。
・S/PDIF出力(COAXIAL・OPTICAL)によりデジタル入力対応機器に高音質接続。
・HDMI出力によりHDMI入力対応機器との音声・映像デジタル接続。
・RCA出力によりRCA入力対応機器へ音声・映像アナログ接続。
・PCM32~384kHz/24bit、DSD64・DSD128に対応。
・高音質DACの AKM社製AK4452 を採用。
・4か国語のメニュー言語から選択可能:日本語/英語/中国語(簡体字)/中国語(繁体字)。
・再生していた音楽・動画を途中から再生可能な、レジューム機能搭載。
・アルバムアートが表示可能(FLAC・MP3のみ対応)。
・10バンドのイコライザー機能を搭載。
 ※デジタルスルー機能作動時は使用不可。

気になる価格は
価 格:¥95,000(税別)
発売日:2020年11月10日

カーオーディオの為にポータブルプレーヤーを買うと考えている方には良いかと思います。動画も見られますし。エンジン切ったり掛けてからの操作は何もいりません。昨年の大阪オートメッセで見かけてからはや2年弱。やっとこさ発売となりました~。既にポータブル機をお使いの方でメンドクサイと感じている方もぜひ検討してみてください~!

↓問合せ先↓
ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

STAFF
有吉 琢磨
TAKUMA ARIYOSHI
担当:フロント
執筆記事一覧 ≫

物心がつく前から車が好きで、幼少期にマイカーで回る動物園に行っても車ばっかり追いかけていたそうです。 運転して楽しい車が好きで、ドライブに欠かせないオーディオカスタムもゆっくり楽しんでいます。