B-PACSBLOG2020日産パオのクラシックにも似合うカーフィルムを施工

日産パオのクラシックにも似合うカーフィルムを施工

2020/09/24 16:08 CATEGORY: カーフィルム

こんにちは。京都でカーフィルム施工の専門店をしているビーパックスです。
先日ご紹介した日産ラシーンに続き、クラシックな雰囲気がマニア層に人気の日産パオにカーフィルムを施工させていただきました!
実はたまたま同時期に入庫しておりました~~なんともレアな光景でした。

さて、前回のラシーンは反射型のガラスが装着されており、それはそれは珍しいガラスで独特の雰囲気を放っていましたが、今回のパオは透明のいわゆる「素ガラス」。色の付いていないガラスです。プライバシーガラスが標準化されているこの頃では素ガラスが珍しく大変貴重なガラスとなりました。

クラシックな印象をも見せる素ガラスご用達のカーフィルムでバッチリ決まりましたのでご紹介してまいります。

リアクォーターガラスとリアガラスにはリンテック社「WINCOS PremiumSeries HCN-70」を施工させていただきました。
スモークフィルムでプライバシーを確保したい方はそれでもOKですが、クラシックの領域に入ってきている車で素ガラス乗りのオーナー様はそれよりも「見た目をなるべく変えたくない」とのご要望が圧倒的です。何の為に貼るのかはまたあとで紹介します。

薄青の色が一番薄いやつがHCN-70です

多少色変化はあるもののほとんど透明に近い仕上がりです。車内からの印象もとても見えやすく、特にWINCOSPremiumSeriesは薄糊仕様なので仮にスモークフィルムでも車内からもスッキリとしています。

フロントガラス・運転席・助手席には、車検に決まりがありますので、車検対応フィルムWINCOS Standard Series「IR-90HD」を施工させていただきました。

透明フィルムなので見た目の変化はさらに無し。でもそこがウリであったりします。車内からもとてもスッキリとしており運転の疲れに影響しづらいフィルムです。

これらのフィルムを貼る理由は
・ジリジリ肌を刺す太陽光をカット
・日焼けしないUVも大幅カット
・ガラスの飛散防止

・太陽光(赤外線)をカットする事で暑い日差しを軽減する事が出来ます。エアコンは効いているけど車内が一向に快適にならない猛暑や、涼しさを感じる季節でも日差しを受けると暑い、寒い冬でも日差しは暑い。とにかく意外と年中暑さを感じるシーンは多くあります。これらをフィルムの力でカットします。

・紫外線は言わなくてもイメージ通り、JIS規格中の波長域で99%カットしますので日焼け、内装焼けに大きな効果があります。さらには万一のガラス飛散防止効果もお忘れなく。ガラス飛散によるケガリスクが減り、安全性が認められおりますので、JCAA認定フィルムで乗用車であれば施工時にカーフィルム保険に加入させていただいております。

リアに薄青のWINCOS PremiumSeries HCN-70を貼った理由は
見た目の統一感を出す味では透明のIR-90HDに軍配が上がるかもしれません。可視光線透過率の高い透明フィルムは体感効果は確実にありますが、スモークフィルムなどに比べると遮熱効果は劣ります。大手フィルムメーカーであるリンテック株式会社のフラッグシップフィルムHCN-70は、透明系のような高い可視光線透過率を保ちながら、某有名国産遮熱スモークフィルムほどの遮熱効果があります。

フロントガラス周りに貼ったIR-90HDとHCN-70のチャートを比較してみました

左から低い波長の紫外線は双方ともにほとんどカットしていますね。可視光線透過率は皆さんが目にしている色が出る波長域です。HCN-70の方が多少低い透過率で薄青なので低くなっています。これがフロントガラス周り貼って車検が通れば良いのに~なんて良く思います。
比較でみていただきたいところが、赤外線領域です。可視光線から赤外線に入った瞬間の差がとても大きく開いています。肌の体感で圧倒的な差が出ているのはチャートを見ても一目瞭然です。本当に良く遮熱するフィルムなので車検に通るフィルムであればバカ売れ間違い無し!といったフィルムです。もちろん現在では車検には通らないので、少しでも見た目を変えずに快適に乗れるよう、リア周りにこのフィルムを施工させていただきました。

ちなみにですが、プライバシーガラスに遮熱+さらにスモーク!といった方の多くはWINCOSPremiumSeriesにもスモークフィルムがありますので、そちらを良く選んでいただいております~~!

カーフィルムにはたくさん種類がありますので、各々目的、趣味やキャラに応じてたくさんの角度から選択する事が出来ます。見た目を変える為にも、長く快適に乗るためにもカーフィルムは車を所有したらまずやっておきたいメニューの1つですよね。どんなフィルムがあるのか気になる人はぜひお問い合わせください。

施工後のご感想を頂きました!

↓問合せ先↓
ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]

STAFF
有吉 琢磨
TAKUMA ARIYOSHI
担当:フロント
執筆記事一覧 ≫

物心がつく前から車が好きで、幼少期にマイカーで回る動物園に行っても車ばっかり追いかけていたそうです。 運転して楽しい車が好きで、ドライブに欠かせないオーディオカスタムもゆっくり楽しんでいます。