B-PACSBLOG2019メルセデス・ベンツC220d(W205)に最新レーザー探知機をオリジナル取付け!!

メルセデス・ベンツC220d(W205)に最新レーザー探知機をオリジナル取付け!!

2019/07/12 10:30 CATEGORY: インテリア 電装全般


メルセデス・ベンツC220d(W205)へYUPITERU最新レーザー&レーダー探知機[Super Cat Z100L]を取付!!

Z100Lはユピテルレーダーのレーザー取締機検知対応も一般モデルのLS300・GS103等の最高峰にあたる指定店モデルZシリーズになります。

[これまでのレーザー取締対応機とZ100Lの違い]

・これまでのGPSデータ警報方式
あくまでも今まで設置実績のある路線場所のデータだけの警報なので、最新情報を収録していても、データに未反映な可搬式には対応はできません。


・Z100Lのレーザー光検知方式
レーザー式取締機を探知できる秘密は、↑画像の本体背面中央部の窓にレーダー光を受信するセンサーがついています!

従来のGPSデータでの警報だと、神出鬼没の可搬式取締機はデータ警報では収録データ以外の警報は行わないですが、Z100Lはこのツインセンサーでのその場での検知が可能で、設置稼働中のレーザー取締機の検知が可能です!

その他、Z100Lの詳細はこちらのブログをチェック!!

メルセデス・ベンツC220dへの取付けをご紹介↓↓

今回はメルセデスのMeConnect搭載車のため、車両の都合でOBDⅡ接続は使用できません(TT)

従来通りのアナログ接続でのレーダー探知機取付けとなるので、ここまで内装をバラします。

セキュリティ取付けなどでバラし慣れているのでサクサクとバラし完了です。


z100Lの設置場所は通常マウントだとダッシュボードへの取付けのみ対応ですが、今回は天吊ステーを使用してフロントガラス上部に取付けしました。

レーザー受光部は背面ですが検知可能範囲にあるので、動作は問題無しです。

今回はACC電源でのアナログ接続ですが、対応車種にはOBDⅡアダプタを使用します。

OBDとは[オン・ボード・ダイアグノーシス]自己診断コネクタで、現在市販されている車のほとんどがこのコネクタを装備しており、OBDⅡでレーダー探知機を接続することで、電源取得と同時に車両ぼCAN信号から車両ECUデータをレーダーのディスプレイに表示することが可能になります!!

OBDⅡ より取得した車速信号が自車位置検測に反映されるので、例えばGPSが測位できないトンネル内等でも車速により自車位置検測が可能になります。

レーダー探知機のメーカーや機種は多く、機能をよく理解せずに予算だけで選ばれる方が多いと思います。

性能を十分理解し、ご自分の目的に合ったレーダーを購入することで力を発揮してくれると思います!

そもそも飛ばさないし、レーダー探知機なんて必要ない・・・ではなく法定速度や事故多発ポイント、見落としやすい踏切や一時停止交差点なども教えてくれますし、安全運転支援装置としてもかなり活用できますよ!!

※使用アイテム
・YUPITERU SUPERCAT Z100L ¥35,000(税別)

ビーパックスではレーダーに関する知識は十分にあり、お客様のご要望に合わせたベストなアイテムをご提案します。

取付けに関してもプロならではの配線が目立ちにくい取付けを心掛けています。

些細なことでも気になる言葉あれば一度ご相談ください!わかりやすく説明させていただきます。

ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]