B-PACSBLOG2019対策しない方がおかしい⁉︎車両盗難車上荒らし定番車ハイエースにGrgo(ゴルゴ)カーセキュリティ

対策しない方がおかしい⁉︎車両盗難車上荒らし定番車ハイエースにGrgo(ゴルゴ)カーセキュリティ

2019/05/30 13:00 CATEGORY: カーセキュリティ

こんにちは!

京都でカーセキュリティ専門店をしているビーパックスの山田です。

今回ご紹介する車両は車両盗難ランキングTop5内に絶対にいるハイエースになります。

ハイエースは弊社でもかなりの台数をご紹介して来ているので、タイトル通り対策しないのは「盗んでください」って言っているものと思います。
実際に弊社のお客様でも、盗難未遂にあった方や車上荒らしをされた方などおられます。
他店との交流で話をしてもやはりハイエースは被害が多くセキュリティ取付を多数おこなって来たと聞きました。むしろ取付台数No1車種になると言います。

被害にあってからセキュリティ対策をなんて考えていると遅いです。
セキュリティ対策は間違いなく必要な車両になります。

【ではなぜハイエースは狙われるのか⁇】

ハイエースは弊社のブログでも何度もお話ししているように、国内外共に人気車種で、特にアジア圏ではかなり人気で中古車としてかなり売れている車両になります。
実際に国内で盗難され、ヤードと言われる車両置き場にて車体をバラバラにして部品として海外に輸出し、海外で組み立て作業を行い一台のハイエースを作りあげ中古車として販売されていきます。
なので、盗難にあって車体が綺麗に見つかる事はまれで、盗まれたが最後見つかる事なく輸出される事がほとんどです。

また、商業車としても優秀な車両になるので、色々な業種の方が使用されています。
なので道具、工具一式盗難にあい車両以上の被害額のオーナー様もおられました。
当然レジャーにも使用されるのでこちらも同じで、聞いた話ではレース用のバイクを載せていてそのまま盗難にあったと言うオーナー様もいます。
保険ではなかなか対応してくれないので泣き寝入りになってしまいます。

文章で書いているとそんなに危機感は伝わらないかもしれませんが、本当に少し置いているだけで盗難被害に遭うのでセキュリティ対策は間違いなくおこなってください。

【ではどうすれば防げるのか⁇】

セキュリティアイテムの「ハンドルロック」や「ホイールロック」も効果は高いのですが、やはり解除方法も多く盗難までの時間をかけさせれる面では非常に効果的になりますが解除できる製品もあり万全とは言えません!更に、これらの製品は車上荒らしには対応できません。

駐車環境も大事で車両自体が車道などから見える位置に車両がある場合は、人目につくため狙われにくくなる可能性もあります。
逆に車両が見えない所であれば人目に付かないのでゆっくりと盗難されていく可能性があるので注意が必要です。
駐車場にはオーナー様しか開けれないシャッターやチェーンなどを設置し、なるべく時間をかけさせるようにするのが効果的です!

また、ハイエースはスノボやサーフィンなどレジャーによく使われ、鍵が濡れたり持ち歩いたり出来ないという理由で車体に隠しているオーナー様もいますが、大抵犯人に見られているか、定番の場所見たいのがあるのか簡単に盗まれるのでこちらも注意が必要になります。

次に簡易セキュリティと言うのもあるのですが、こちらは弊社オススメする
セキュリティに近いのですがやはり簡単に取付ができると言うことから、簡単に取り外せると言うことになり多少のセキュリティ性能はありますが、盗難犯には効果は薄いと思います・・・

なので弊社ではカーセキュリティシステムの取付を推奨しております。
カーセキュリティはリモコン操作で簡単にONーOFFが出来るので誰でも簡単に操作できます。
そしてカーセキュリティには下記のような機能がほんの一部ですがあります。

ユピテル製Grgo(ゴルゴ)セキュリティを参考にさせていただきました。
また、Grgo(ゴルゴ)セキュリティのリモコンは種類があるので両方紹介します。
ドア開や車両への衝撃の検知は当然の事ながら駐車環境に合わせた感度調整も可能になってきます。
そして何より純正イモビライザーとは違う、セキュリティシステムのイモビライザーが付いてくるので、それによりキープログラマーやリレーアタックでもエンジンを始動することができなくすることも出来ます。

これにより車両に何かあった時は大音量サイレンとライトフラッシュで車両に何かあった事を周りの方に知らせ車両に注目を集め、アンサーバックリモコン付きであればリモコンに通知が来てオーナー様も車両状況がわかります。

アンサーバック式リモコンの注意点ですが、リモコンに通知がくるとどうしても愛車が気になり車両に向かわれると思いますが、その行動はできるだけしないようにしてください!車両で犯人と遭遇し、被害にあわれた方も少なくありません。最悪命を落とされた方もおられますので非常に危険になります。リモコンに通知が合った場合は、遠くから確認し盗難をされているようでしたらすぐに警察を呼び対応してもらってください。通知がきて車両に行ってしまいそうな方にはアンサーバック式では無くセキュリティのONーOFFだけの制御をリモコンでし車両はセキュリティが守ってくれるタイプもありますのでそちらをオススメします^^

【弊社でのセキュリティシステム施工!】

先程にもお話しした通り弊社ではユピテル製Grgo(ゴルゴ)セキュリティをオススメしております。
操作性もよくセキュリティセンサーでの誤動作も限りなく少なく安心簡単にセキュリティを取付けて車両を守ることが出来ます。

セキュリティシステムなのでどのようなセキュリティシステム、システム内容にしたのかはお伝えできません。
ですが車両が車両だけにいつもよりセンサー感度を強めにしたりなど、車両とオーナー様の環境、使用用途によって同じ車種でもセンサー感度などを変えています。
それによりオーナー様の望むセキュリティシステムを構築していけます。

それではいつものように紹介できる範囲で紹介させていただきます。

セキュリティインジケーターですが、こちらはハイエースでは定番の場所になりますが、車外からのぞいた時に非常に見えやすくセキュリティシステム搭載車という事が一目でわかります。
そこにこちらも定番のブランクスペーススキャナーを使用して取付けました。

弊社オリジナルアクリルスキャナーはオリジナルデザインで2色使用の赤色、青色を選んでいただきました。

そして最近ではこちらも定番化して来ている製品です↓

ユピテル製ドラレコSNーSV70dになります。
ドラレコは今や定番アイテムになっておりますが、ただ単に付けるだけでも効果はありますが、そちらをセキュリティと連動することによりセキュリティが反応した際に録画してくれます。
なので車両のバッテリーにも負荷がかからず、必要な時だけ録画してくれるのでカーセキュリティオプションとしてはかなりオススメのオプションになります。

【セキュリティーのプロから一言】

どんな車両であっても、セキュリティ対策をしないと簡単に被害にあいますので、オーナー様は必ずご検討してください。
ましてや今回のような高級車やお仕事車は要注意です。
また、軽自動車だからとかコンパクトカーだから大丈夫などどと思っていませんよね?
高級車などは純正イモビライザーなどセキュリティ対策はある程度されている事がありますが、逆に軽自動車やコンパクトカーはセキュリティ対策されていない場合があります。
実際犯人が足として使用する場合、リスクなく簡単に盗める車両を選びますよね。
という事はどのクラスの車両であってもセキュリティ対策は必要になります。

セキュリティシステムは専門的な物になり、様々な種類や機能があります。ご自身の環境やお車をベースにベストなシステムを選ばなければ機能を十二分に発揮できません!少しでもセキュリティーに興味がある方、盗難防止を考えられている方はお気軽にお問い合わせください^^

押し売りなどは一切しませんのでご安心ください^^

 

ビーパックス 京都店

受付 時間10:00~19:30
0120-50-8868

メールでのお問い合わせはこちら➡「お問い合わせ」

〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60 [ MAP ]