B-PACSBLOG2019トヨタ ヴェルファイアにBLUE MOON AUDIO上質サウンドを! スピーカー交換から本格カスタムインストールまでおまかせ!!

トヨタ ヴェルファイアにBLUE MOON AUDIO上質サウンドを! スピーカー交換から本格カスタムインストールまでおまかせ!!

2019/04/21 12:52 CATEGORY: カーオーディオ


ヴェルファイアにさらなる上質サウンドを♪ってことで、弊社人気NO’1の好評を頂いている、スピーカーブランド[BLUE MOON AUDIO]をフロントスピーカーにインストールです。


[デッドニング]

・ココがこだわりポイント!
通常ノーマルは↑の写真のように、防水用のビニールがブチルゴムという粘りの強い気密性の高い物でドアインナーパネルに貼り付けられています。

このブチルゴムは夏は柔らかく、冬は硬い・・・完全除去するのが非常に厄介な素材でして、他ショップでデッドニング施工された車のスピーカー交換作業などでたまに見ると、除去が不完全でデッドニングの制震材の下に残ったままの状態で、上から制震材を貼り付けてあったりするのを目にします。

確かに上から張ってしまえば見えない部分なのですが、制震材のブチルゴムと純正のブチルゴムは硬さや粘着の特性が違うので、そのままだと制震材がドアパネルと密着せず、十分な制震効果が望めなくなってしまします。


ビーパックスでは上の画像のように防水ビニール除去後、ドアパネルから完全に純正ブチルは除去します。

同時にアウターパネル(外板)側も油脂がたっぷりと付着しているので、しっかりと清掃&脱脂します。

施工後見えなくなる部分でも、こだわりを持って1台1台施工しています。


[制震材の貼り込み]

アウターパネルに制震材を張付けていきます。

全面貼りも可能ですが重量増によるドア開閉の負担(車両&オーナー)もあるので、重量増を抑えつつ効率よく制震効果が望めるよう、通常はスポット貼りを施します。

スピーカー裏には制震材+吸音&拡散などを目的としたマテリアル、適材適所に異素材を配置することで効果なサウンドチューニングを実現します。


インナーパネル側は防水ビニールの代わりの役目を果たさないといけないので、サービスホール埋めはもちろんですが、曲面の多いインナーパネルとの密着性も更に重視して施工します。

万が一、制震材に浮き等があれば、車内への雨水侵入経路となってしまい車内が大変なことになります。

作業としては制震材を張り込む単純な作業と思われがちですが、ポイントを抑えないと思わぬトラブルに繋がります。

貼り付けるだけ=個人でできそうな感じがしますが、材料費+作業量でFドア左右¥40,000~なので、かなりお値打ちなメニューだと思います。デッドニングは是非プロショップで施工を!!


[スピーカーの取付]

スピーカーはBLUE MOON AUDIO SX165をセレクトしていただきました。

取付方法は市販の既成汎用バッフルを使用しました。

SX165は同ブランドのスピーカー径16.5cmシリーズ中で、最も取付け内径が小さく今回のような既成品が使用可能です。

コストを抑えて本格ブランドのスピーカーをインストールできる、コスト面で理想的なパターンです。


ツイーターは純正位置に専用マウントを用いてシンプルインストールです。

専用マウントのない車種はステーなどで制作しますので、ユニットは限られますが、純正然と舌インストールが可能です。

・純正然としたインストールのメリット
見た目の変化が全く無く、上記内容だと最短で日帰り施工が可能なので、家族に内緒でコッソリとサウンドUPが可能!!

デッドニング+スピーカー交換!!想像以上の音の変化が体感できると思います♪♪

※使用アイテム
・スピーカー BLUE MOON AUDIO SX165  ¥44,000(税別)
・インナーバッフル パイオニア汎用バッフル
・デッドニング Silentcoat
・スピーカーケーブル audiotechnica