遮熱と断熱は違います

  ディテーリング:カーフィルム遮熱と断熱は違います

「遮熱」と「断熱」は違うもの

「遮熱」とは、室内へ流入する日射熱の量を低減することです。遮熱機能を備えたフィルムを窓ガラスに貼ることで、窓から入る日射熱の量が抑えられるため、夏の暑さ対策になります。
一方「断熱」とは、室内外の熱の移動を抑えることです。断熱機能を備えたフィルムを窓ガラスに貼ることで、冬は暖房で暖めた室内の熱を窓から外へ逃げるのを抑え、夏は暑い外気熱が室内へ流入するのを軽減します。

B-PACS公式スタッフブログ B-PACS施工車ギャラリー クチコミ/お客様の声

見るべきポイントは「遮蔽係数」と「熱還流率」

フィルムの遮熱/断熱能力を見るには、「遮蔽係数」と「熱還流率」を使います。 遮蔽係数と熱還流率は低いほど能力が高く、一般的に断熱能力が高いフィルムは遮熱断熱能力も高い傾向があります。

遮熱能力は「遮蔽係数」でわかる

  • 3mmフロートガラスの遮蔽係数(基準)
    3mmガラスの遮蔽係数(基準)
  • 3mmフロートガラス+ペンジェレックス PX-7060Sの遮蔽係数(例)
    3mmガラス+フィルムの遮蔽係数

遮蔽係数(しゃへいけいすう)とは、日射熱を遮ぎる効率を表す値です。 フィルムの遮熱能力は、3mm厚の透明板ガラスの遮蔽係数を1.0(基準)とし、それより数値が小さいかどうかを見ます。 1より小さいほど、日射熱を遮る力がある、すなわち遮熱性能が高いと言えます。

断熱能力は「熱還流率」でわかる

「熱還流率」を算出するときの測定条件

熱還流率(ねつかんりゅうりつ)とは、特定の測定条件下で、窓ガラスを挟んだ内外の温度差がどれだけ変化するかを示す値です。 窓ガラスを挟んだ内外の温度差を1℃とした時、1平方メートルの面積の温度が1時間経過後にどれだけ変化するかを測定します。

フィルムの断熱能力は、透明板ガラスの熱還流率6.0前後を目安とし、それより数値が小さいかどうかを見ます。 6.0より小さいほど熱の移動量が少ない、すなわち断熱性能が高いと言えます。

Page Top

自動車用断熱フィルムは「遮熱フィルム」と呼ぶ方が相応しい

「遮熱」「断熱」という言葉の定義を踏まえると、自動車用の「断熱フィルム」は、実は「“遮熱”フィルム」と言う方が適切です。 もちろん断熱機能は備わっていますが、建物用の断熱フィルムほど高い断熱効果が得られるわけではありません。

ガラス/フィルムの種類遮蔽係数(遮熱)熱還流率(断熱)
[基準]3mmフロートガラス1.06.0
[建物用]ペンジェレックス PX-7060S0.563.6
[自動車用]WINCOS HCN-700.665.9

ビーパックスでは今後「遮熱フィルム」と呼びます

正しい知識をもってお客様に各製品をおすすめしていくために、今後ビーパックスでは他店に先駆け、弊社取り扱いのカーフィルムのうちメーカーが「断熱フィルム」と称しているものも含め、遮熱性能に優れる製品は「遮熱フィルム」と呼称します。

Page Top

自動車用“断熱”フィルムの今後

実のところ、現在生産されている自動車用フィルムには、建物用の断熱フィルムと同等の断熱効果が得られるものはありません。 ビーパックスとしては、本来の意味での「断熱フィルム」の自動車窓ガラスへの施工を実現すべく、 建物用の断熱フィルムを自動車のサイドガラスに施工する試験をするなど、施工技術の開発に取り組んでいます。

ただ、もともと建物用フィルムと自動車用フィルムとでは、フィルム自体の性質に大きな違いがあります。 自動車用フィルムには、薄さ、耐久性、曲がりやすさ、透明度(可視光透過率)などが求められるからです。 やはりフロントウィンドウにも施工ができるようになるには、フィルムメーカーによる製品開発も必要になってくるでしょう。

Page Top
  • WINCOS(ウィンコス)
  • Sylphide(シルフィード)
  • 3M Crystalline(クリスタリン)