Sylphide(シルフィード):透明遮熱フィルム
  ディテーリング:カーフィルム取り扱いフィルム一覧Sylphide(シルフィード):透明遮熱フィルム

Sylphide(シルフィード)は、これまでは高価なことからカーフィルムには使用されなかった素材・ITO(酸化インジウムスズ)を採用した、新世代遮熱カーフィルムです。従来品を遙かにしのぐ効果をもつこのフィルムを、B-PACSではハイグレードブランドと位置づけています。
» Sylphide 製品ページ(メーカーサイト)

B-PACS公式スタッフブログ B-PACS施工車ギャラリー クチコミ/お客様の声

FEATURE(特徴)CHECK!!

視認性、耐候性に優れるフィルム

施工イメージ

Sylphideは、原着フィルムです。原着フィルムとは、原材料の中に着色剤を入れてフィルムをつくる製法です。 従来の透明ポリエステルフィルムに染色やコーティングする製法と比べ、室内から外がはっきり見える視認性の良さが特徴です。 また、色が変色しにくく、耐候性に優れています。

赤外線カットで冷房効率が良く、経済的

ガラスの透明感や採光性を保ちつつ、目に見えない赤外線域を中心に日射を大幅に吸収、反射させることで、優れた遮熱性能を発揮し、車内の冷房効果を高めます。

「シルフィード」シリーズの光学チャート(フィルム単体の光学特性グラフ)
「シルフィード」シリーズの光学チャート
Page Top

シルフィード ウィンドウフィルム一覧CHECK!!

Sylphideには、9種類の製品があります。まず大きく、透明遮熱フィルムとプライバシーフィルムの2種類に分けられます。 透明遮熱フィルムにはITO(酸化インジウムスズ)からなるセラミックを使用した「FGR-500」があり、可視光線透過率が高く、前席ウィンドウへの施工が可能です。 一方プライバシーフィルムは、SCタイプとMTタイプに分けられます。SCタイプは、赤外線に対して吸湿性の高い金属酸化物ITO(酸化インジウムスズ)からなるセラミックを使用し、遮熱性能を高めています。 透明性も高く、長時間にわたって効果が持続します。

各フィルムの遮熱能力(赤外線カット率)
  • Sylphide(シルフィード):透明遮熱フィルム
  • 可視光線透過率
  • 赤外線カット率
  • 高遮熱
  • スモーク
  • 1FGR-500
  • 2FGR-3500
  • 3SC-7045
  • 4SC-7030
  • 5SC-7020
  • 6SC-7015
  • 7SC-7008
製品名カラーサンプル前席
施工
可視光線
透過率
赤外線
カット率
紫外線
カット率
遮蔽
係数
1FGR-500(IR-90HD)
 
89%69%99%0.89
2FGR-3500(IR-70HD)
 
76%80%99%0.82
3SC-7045
 
×44%71%99%0.72
4SC-7030
 
×30%71%99%0.67
5SC-7020
 
×20%71%99%0.63
6SC-7015
 
×13%71%99%0.61
7SC-7008
 
×07%71%99%0.59
(参考)3mmガラス 91%13%35%1.00

「スーパーフラット-改-」物語

「スーパーフラット -改-」はシルフィードブランドを持つIKCとビーパックスとの共同で制作した、FGR-300をベースにより歪みをなくしたプレミアムフィルムです。 現在はその技術を基に、FGR-500が通常ラインナップとして作られ、フロントウィンドウへの施工に活躍しています。

Page Top

ビーパックスのフィルム解説CHECK!!

FGR-500 (IR-90HD)最も信頼性の高い、ベストセラー商品

すべての透明断熱フィルムの中で最も信頼性の高い、ベストセラー商品です。 殆どの車の運転・助手席ドア・フロントウィンドウに合法的に装着が可能で、改良された10μ粘着剤がフラットでクリアな視界をもたらします。 90年代に三菱マテリアルが、ITOを初めてフィルム用赤外線吸収剤として採用し、その後リンテックとIKCにより数度の改良が加えられ、現在のIR-90HDとして進化し続けています。

FGR-3500 (IR-70HD)旧名称:FGR-2500 (IR-25RD)

貴金属系スパッタードフィルムで、品格の高い淡いゴールド色が高級感を演出します。 旧名称FGR-2500(IR-25RD)から粘着剤は改良タイプの10μになり、フラットでクリアな視界をもたらします。

SC-7045

スモーク系で最も薄色に位置するフィルムで、可視光線透過率は46%と高く、視界性は非常に良好で、夜間の運転でも安心なフィルムです。 さらにITO系の赤外線吸収式IR層を加えることにより高い断熱効果と気品性を両立。 装着してある事を忘れてしまいそうな自然な仕上がりですが、従来の濃色フィルム以上の断熱性能を実現したフィルムです。 視認性が良好な為、夜間の運転でも安心です。

SC-7030

スモーク系で薄色に位置するフィルムで、可視光線透過率は30%で、高質なイメージを保持したまま愛車が品良く仕上がる薄めのスモークカラーに、さらにITO系の赤外線吸収式IR層を加えることにより高い断熱効果と気品性を両立。 良好な視認性に、適度なプライバシー性をかね備えた上に、高性能断熱でアップグレードされたフィルム製品となっています。

SC-7020

スモーク系で中間に位置するフィルムで、可視光線透過率20%は各社のプライバシーガラス平均レベルのカラーに、さらにITO系の赤外線吸収式IR層を加えることにより高い断熱効果とプライバシー性を両立。 良好な視認性に、適度なプライバシー性をかね備えた上に、高性能断熱でアップグレードされたフィルム製品となっています。

SC-7015

定番「断熱ダークスモーク」とも呼ばれ、可視光線透過率13%と低く、車外から車内はほとんど隠すことが出来ます。 さらにITO系の赤外線吸収式IR層を加えることにより高い断熱効果とプライバシー性を両立。外から車内はほとんど見えませんが、視認性も確保できる濃さです。 ユーザー人気の高いNS-015を更に、高性能断熱でアップグレードされたフィルム製品となっています。

SC-7008

スモーク系ラインナップ中、可視光線透過率7%と最も濃色に位置するフィルムで、さらにITO系の赤外線吸収式IR層を加えることにより、遮蔽係数0.59とシルフィードシリーズ最高レベルとなっており、特に真夏の車内では快適な空間を提供してくれる事でしょう。 特にプライバシーを重視される方や、プライバシーガラスが装着されていない車におすすめです。

Page Top
  • WINCOS(ウィンコス)
  • Sylphide(シルフィード)
  • 3M Crystalline(クリスタリン)