取り扱い商品一覧

  ディテーリング:カーフィルム取り扱いフィルム一覧

多彩なラインナップ

ビーパックスは、カーフィルムの歴史をリアルタイムに見て、触れてきました。そして現在もなお、商品について独自の研究・探求を余念なく行っています。これまでの経験をフルに活かし、数あるカーフィルムの中から吟味したものを、また、お客様の様々なご要望に沿えるよう多彩なラインアップをご用意しております。

B-PACS公式スタッフブログ B-PACS施工車ギャラリー クチコミ/お客様の声

ビーパックスはJCAAに加盟しています

JCAAロゴ JCAA(日本自動車用フィルム施工店会)は、自動車用フィルムの正しい普及ならびに自動車用フィルム施工業界の健全な発展を目指す団体です。JCAAの会員は、相互に親睦とコミュニケーションを図り、会員の能力の向上を促進しています。この団体に加盟しているショップは、厳しい技能検定をクリアし、知識と技術を併せ持つプロショップばかりです。

ビーパックスはJCAA関西支部の一員として、これまで積み上げてきた知識や技術を活かし、自動車用フィルム施工業界の健全な発展のため、ひいては全国のお客様のために、努めてまいります。

Page Top

カーフィルムに関する注意事項

保安基準について

紫外線カット指数や透過率などの数値は、メーカー発表のものを掲載しています。またこれらの数値は、フィルム単体のものを表します。
カーフィルムは道路運送車両の保安基準によって、前面ガラス、運転席・助手席の側面ガラスに貼る場合は、その窓ガラスの可視透過率が70%以上必要です。
後面ガラス、バス等の側面、前扉のガラスなど、運転に必要な視野を妨げるおそれのある箇所に貼ることについても制限されています。
車種によってガラスの透過率が違うため、フィルム施工後のガラス透過率は車種によって異なります。
着色フィルムを貼り付けた窓ガラスは視認性が落ちるため、暗い場所での運行、特に後退時の安全確認には十分気をつけてください。
» 車検について

製品・施工について

リアガラス及び、球面状ガラスなどの施工は、形状によりフィルムジョイント(継手)クロス貼りになります。
ジョイントクロス貼りで施工した場合、車種によってはプリント熱線が凸状に隆起していますので、車内から多少継目が見える場合があります。ご了承ください。
着色ガラスへの施工は、施工後の発色が見本とは多少異なる場合がありますのでご了承ください。
フィルム製造工程の都合上、同じフィルムでも製造時期の違いにより多少色の誤差があります。ご了承ください。
フィルムの仕様は日々の製品の向上や新製品の開発により予告なく変更させていただくことがあります。

ミラーフィルムについて

シルバーミラーは、反射率が高いので後面ガラスへの貼付はおすすめしていません。
ミラー(鏡)効果により、太陽光線を反射します。特に自動車ガラスなどの凹面ガラスの場合、ドアや窓ガラスなどの開口部を開けている場合、車内側に太陽光線が反射することがあります。その際、凹面鏡の効果によって集光現象を起こし、車内のプラスチック部位などが部分的に高温となり、変形、火災などのトラブルが発生することがありますので、駐停車の際は必ず開口部分を閉じるようにお願いします。

また、以下の2点についても注意が必要ですので、あらかじめご確認下さい。
・電波を遮断する作用があり、携帯電話・ナビゲーション・テレビなどに影響を及ぼすことがあります。
・施工後フィルムカットしたエッジ部で水分と金属層が反応し、金属が消失することがあります。

お手入れについて

施工後フィルムが完全に密着するまでは、窓の開閉や後面ガラスの熱線は入れないでください。剥がれや、変色のおそれがあります。
施工直後フィルム面が白濁することがありますが、ガラス面に残った水分が蒸気化したものです。時間とともに水は抜けます。また、フィルムの中に残っている水泡も、時間が経てば自然になくなります。
施工後フィルム表面の汚れは、柔らかい布で水洗いしてください。汚れのひどい場合は中性洗剤を使用してください。研磨タイプの洗浄剤や乾いた布、ブラシなどはフィルム表面を傷つけるおそれがありますので避けてください。

Page Top
  • WINCOS(ウィンコス)
  • Sylphide(シルフィード)
  • 3M Crystalline(クリスタリン)