カーフィルムに関するB-PACSの指針

高機能フィルムの普及に向けて

ビーパックスはこれまで様々な種類のカーフィルムを試し、その時その時に本当にいいと思う製品をお客様におすすめしてきました。特に透明遮熱/断熱フィルムは昨今の地球環境問題に対して非常に有効であり、前席ウィンドウガラス3面への施工を積極的に推奨しています。
ところが「可視光線透過率」を巡る問題が浮き彫りになり、透明遮熱/断熱フィルムを始めとした高機能フィルムの普及に立ちはだかる壁ができてしまったのです。ビーパックスは、カーフィルムに関する問題を解決し、カーフィルムの豊富な価値をより多くの方に知っていただくため、現在さまざまな取り組みを行っています。

より良い製品を追求する

現在のカーフィルムにはプライバシー保護、飛散防止、UVカット、IR(赤外線)カット、エアコンの高効率化など、様々な機能を持った製品があります。これまでにビーパックスは、その様々な製品を実際に試してきました。中でも今注目されている透明遮熱/断熱フィルムについては、ほぼ全ての製品を試験しています。

ガラス耐衝撃実験風景。フィルム無施工のガラスは簡単に割れてしまう。 またセキュリティーフィルムは、他店に先駆けて取り扱いを始めました。当初は自動車ウィンドウガラスへの施工事例がほとんどなかったため、施工方法を一から確立する必要がありました。ビーパックスは、住宅用窓ガラスへの施工経験をもとに施工方法を追求し、また耐衝撃実験を何度も繰り返すことで、自動車ウィンドウガラスに最適な施工方法を確立してきたのです。

ビーパックスが日々アンテナを張り巡らせ、常に自らの目で製品を吟味しているのは、より良い製品を広く普及させ、その価値を多くのユーザー様に実感していただくための取り組みなのです。

Page Top

JCAAへの加盟と施工者の技術向上

フロントガラスやリアガラスに対してフィルムを施工する場合、いくつかに分割したフィルムを貼るのが一般的です。これは、フロントガラスやリアガラスが球面状であるためで、平面のフィルムを球面に無理なく貼るための方法なのです。しかしこの方法では、繋ぎ目ができてしまい、車内側から光が漏れることでクリアな視界にならないというデメリットがあります。またフィルムを分割する際、カッターでガラスや熱線にキズをつけてしまう可能性が高く、大きなリスクを伴います。

1枚貼り施工イメージ そこで開発された技術が、球面状ガラスへの1枚貼りです。この技術は特許が取得されており、特許権は日本ウィンドウ・フィルム工業会(厚生労働大臣指定試験機関)にあります。そのため、日本ウィンドウ・フィルム工業会の賛助団体であるJCAA(日本自動車用フィルム施工店会)に加盟しているショップだけが、1枚貼りでの施工を許されています。ビーパックスはJCAAに加盟しており、フロントガラスへの透明遮熱/断熱フィルム施工にカーフィルム1枚貼りの技術を用いています。

日本ウィンドウ・フィルム工業会では国家技能試験制度が設けてられており、自動車用カーフィルムの優良施工者を育成しています。ビーパックスでは、お客様に安心して施工をお任せいただくため、この国家技能資格を有するスタッフが常駐し、日々技術向上に取り組んでいます。

Page Top

法律に則った施工

透過率測定中イメージ フロントガラス、運転席側面ガラス、助手席側面ガラスの前席3面については、道路運送車両法の保安基準 第29条3項において、「透明で、運転者の視野を妨げるようなひずみのないもの」「運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲における可視光線透過率が70%以上のもの」と定められています。特に重要視されているのは「可視光線透過率」で、前席3面にカーフィルムを施工する際には、フィルムだけの可視光線透過率ではなく、ガラスとフィルムを合わせたときの可視光線透過率が70%以上でなければなりません。ビーパックスでは必ず、カーフィルム施工後に可視光線透過率を測定し、車検に対応できるかどうかを確認した上でお客様へお渡ししています。

不正施工にNO!車検対応施工いたします

濃色カーフィルムは、装着するとプライバシー保護の効果が得られる反面、車内からの視界が低下するため視野範囲も狭くなってしまいます。 そのため道路運送車両法の保安基準 第29条が一部改正されることになり、フロントへの濃色フィルム施工に対する規制が強化されました。

2003年4月1日改正道路運送車両法の施行を受け、ビーパックスでは、法改正前にフルスモーク施工を行った車両に対し、濃色フィルムを下取りして透明遮熱/断熱フィルムを施工するなど、不正改造車を排除する活動を積極的に展開してきました。現在では、遮熱/断熱効果などを目的として前席への濃色フィルム施工を希望されるお客様に対し、正しい知識をご説明した上で透明遮熱/断熱フィルムをおすすめしています。 フロントへの濃色フィルム施工は行わず、後席サイドガラス及びリアガラスへのみ施工を行っています。

サンシールドフィルム施工について前面ガラスへの施工の注意点

フロントガラスに施工する「サンシールドフィルム」の施工可能な範囲は、道路運送車両法の保安基準 第29条4項第6号において「前面ガラスの上縁で、車両中心線と平行な鉛直面上のガラス開口部(ウェザ・ストリップ・モール等と異なる部分及びマスキングが施されている部分を除く)の実長の20%以内の範囲」という規準があります。つまり、装着する場所はフロントガラスの上縁で、フロントガラス縦の長さの20%以内におさまるように施工しなければなりません。

サンシールドフィルムに関する保安基準
サンシールドフィルムに関する保安基準
サンシールドフィルムの形状
サンシールドフィルムの形状

これらのカーフィルムに関する法律に違反した場合、違反車のオーナーのみならず施工者も罰せられます。法律に則って正しく施工することは、カーフィルム施工業者の義務なのです。

Page Top

可視光線透過率問題への取り組み

「可視光線透過率」を巡る問題が浮き彫りになり、透明遮熱/断熱フィルムを始めとした高機能フィルムの普及に立ちはだかる壁ができてしまったのです。ビーパックスは、カーフィルムに関する問題を解決し、カーフィルムの豊富な価値をより多くの方に知っていただくため、現在さまざまな取り組みを行っています。

可視光線透過率問題への取り組み  カーフィルムは車検に通ります!

ディーラー/車検場の方へ透明フィルム車検サポートを無料で行います

弊社では機能性フィルム普及のため、可視光線透過率測定器の販売、測定方法の指導など、さまざまなサポート体制を敷いております。
陸運局指定工場様の場合、自社内検査が可能な可視光線透過率測定器を貸出します。操作方法の指導や、出張測定も可能ですので、お気軽にご相談下さい。(その他、紫外線/赤外線測定、フィルムに関するご相談も承ります)  Tel:075-312-8868   E-mail: info@b-pacs.com

Page Top

カーフィルムに携わる者として

セキュリティフィルム施工中 カーフィルムは今日までに、製造技術・施工技術ともに大きく発達してきました。カーフィルムに多くの機能を付加することが可能になった今、「ドレスアップアイテム」から「車内を快適に保つためのアイテム」へと、カーフィルムを施工する目的も変化しています。ビーパックスは、そのようなカーフィルムの歴史と共に歩み、製品・技術・法律について最新の情報を常に追い続けてきました。
様々な情報を追い続けることは、決して容易なことではありません。しかし、業界の「最前線にいるからこそ見えてくる問題」に対し、それまでに培ったノウハウを活かして立ち向かうことこそが、カーフィルムに携わる者の責務であると考えているのです。

Page Top
  • WINCOS(ウィンコス)
  • Sylphide(シルフィード)
  • 3M Crystalline(クリスタリン)