ディテーリング:カーフィルムカーフィルムは車検に通ります!

カーフィルムは正しく施工すれば、当然車検に通ります。一部のショップ/ディーラー/施工店による誤った知識と思い込みによって、不安に思われているお客様も多いのが現状ですが、ビーパックスにはフィルム施工した数千台が車検に通っている実績があります。
ここではフィルムの車検のおさえるべきポイントと、不安に思われている個所への回答をお教えします。

B-PACS公式スタッフブログ B-PACS施工車ギャラリー クチコミ/お客様の声

車検に通るフィルム選び貼付個所と可視光線透過率についてCHECK!!

カーフィルムの車検では運転手が車外の様子を確認できるかどうかが検査されるため、運転席より後ろの窓については検査されません。そのため後席に濃色のカーフィルムを貼ることは全く問題がありません。

フィルム貼り付け可能な箇所と弊社おすすめフィルム
フィルム貼り付け可能な箇所と弊社おすすめフィルム

フロントガラス、運転席側面ガラス、助手席側面ガラスの前席3面については、可視光線透過率が70%以上であれば車検に通ります。 ここで要求される可視光線透過率は、フィルムだけの透過率ではなく、ガラスとフィルムを合わせたときの数値が70%以上が必要です。 ビーパックスでは前席施工した車両は必ず可視光線透過率を測定し、車検に対応できるかどうかを確認した上でお客様へお渡ししています。

可視光線透過率とは

赤外線から紫外線までの中で人間が見える光(可視光線)をガラスやフィルムがどれだけ通すかという値で、可視光線透過率測定器で計測します。この値が低いほど外の光が入らないため視界が悪くなる原因になります。


また、車検に通さない車両も法律に違反した施工は行いません。カーフィルムに関する法律に違反した場合、 違反車のオーナーのみならず施工者も罰せられます。法律に則って正しく施工することは、カーフィルム施工業者の義務なのです。
B-PACSの指針:法律に則った施工

Page Top

車検自体の問題点ビーパックスの取り組みCHECK!!

カーフィルム施工について「車検に通りにくい」と言われた事があるという話をよく聞きます。しかし、そこには車検を行うディーラー/検査員自身の大きな誤解があります。
まず多くの場合、濃色フィルム施工に対する規制が強化された2003年4月1日改正道路運送車両法の施行を、「フィルムを貼ってはいけない」と思い込んでしまっていることが考えられます。
また、いくつかのディーラー車検場には「可視光線透過率測定器」が導入されておらず、さらにまたいくつかの車検場では測定精度のばらつきが激しく、同じ車でも合格したりしなかったり安定しない状態でした。

ビーパックスでは正しく施工した車が車検に通るという「普通の状態」を目指して、国土交通省への働きかけや、可視光線透過率測定器のディーラーへの貸し出し/使用方法レクチャー/販売など、様々な取り組みを行っています。

B-PACSの指針  可視光線透過率問題への取り組み

遮熱/断熱はもとより、飛散防止、搭乗者保護など、車の付加価値としても高い効果を持つ機能性フィルムの普及に向けて、今後も取り組みを続けていきます。

JCAAと国土交通省が正しい車検をサポートします

正しく施工されたフィルムが車検に通らない事例に対して、2015年4月からJCAAと国土交通省が主体となって、フィルム施工の車検対応が始まりました。 これからは国家資格を保持した施工技師のいるJCAA加盟店にてフィルム施工されると、車検時にJCAAがサポートいたします。
[1] 施工時に「国家資格ガラス用フィルム施工技能士」が可視光線透過率を測定し、保安基準を満たしていることを確認します。
[2] 3枚複写式の「ウィンドウフィルム保安基準適合証明書」を施工店(JCAA)/お客さま/国土交通省でそれぞれ保管します。
[3] 車検時に証明書をご提示ください。
お客さまには車検時に証明書を提示していただくのみ。車検について問題があれば施工店を通してJCAAにお問い合わせください。

Page Top

Q&Aよくいただくご質問とビーパックスの回答ですCHECK!!

「フィルムを貼ってあるのは不適合」と言われたことがあるのですが、前席にフィルムを貼ることはできますか?
問題ありません。

車検時に確認されるのはフィルムの有無ではなく、可視光線透過率(透明度のようなもの)ですので、正しく計測し基準値をクリアすれば問題ありません。
一部車検検査員によって不当に不適合にされる事例があるため、ご心配の方はスタッフまでご相談ください。
ビーパックスでは必ず、カーフィルム施工後に可視光線透過率を測定し、車検に対応できるかどうかを確認した上でお客様へお渡ししています。
また、ビーパックスはJCAAに加盟しており国家資格を保持した施工技師も在籍していますので、JCAAの車検サポートを受けることができます。

フィルムのページに書いてある可視光線透過率は施工後の数値ですか?
フィルム単体の数値を掲載しています。

可視光線透過率などの数値は、車種によってガラスの透過率が違うため、フィルムメーカーが発表しているフィルム単体の数値を掲載しています。 フィルム施工後のガラス透過率は車種によって異なるため、車検の際にはフィルム+ガラスを合わせた状態で可視光線透過率を計測する必要があります。
UVカットガラスなど濃色ガラスの場合フィルムを施工する前から70%ぎりぎりの車種もあるため、ご心配の方はスタッフまでご相談ください。
またこの件に関しては、ウィンドウフィルム工業会を通じ国土交通省に対して可視光線透過率70%以上の製品を法令で認めるように申請中です。

色の濃い遮熱スモークフィルムのほうが遮熱能力が高いのでは?
遮熱能力は「透明遮熱フィルム<濃色遮熱フィルム<ミラーフィルム」の順に高くなります。

一般的に、遮熱能力は「透明フィルム<濃色フィルム<ミラーフィルム」の順に高くなりますが、現在の高機能フィルムは一概にそうは言い切れません。例えば、高性能透明遮熱フィルムは通常の濃色フィルムより遮熱能力が上回る製品もあります。
ビーパックスでは遮熱効果などを目的として前席への濃色フィルム施工を希望されるお客様に対して、正しい知識をご説明した上で、前席は高機能遮熱フィルムを、後席には安価で高機能なミラーフィルムや遮熱能力を付与した遮熱スモークフィルムをお勧めしています。

譲り受けた車のフロントにスモークフィルムが貼ってあるのですが、このままでは車検に出せないので剥がすことはできますか?
可能です。

フィルムはがしや適法フィルムへの貼替えは可能です。
フロントへの濃色フィルム施工に対する規制が強化された2003年4月1日改正道路運送車両法の施行を受け、ビーパックスでは数多くの不適合車両の適法フィルムへの貼替え作業を行っています。
もちろん遮熱フィルムへの貼替えはスモークに限らず受け付けております。

遮熱/断熱フィルムとは光と熱を選択的に遮断

光の中には遠赤外線など目には見えないものもあり、可視光線より多くの熱を車内に伝えます。遮熱/断熱フィルムはこの遠赤外線を選択的に遮断する高機能フィルムです。そのため可視光線透過率が高いフィルムでも熱を遮る事ができます。 » 透明遮熱/断熱フィルム

Page Top

ディーラー/車検場の方へ透明フィルム車検サポートを無料で行います

弊社では機能性フィルム普及のため、可視光線透過率測定器の販売、測定方法の指導など、さまざまなサポート体制を敷いております。
陸運局指定工場様の場合、自社内検査が可能な可視光線透過率測定器を貸出します。操作方法の指導や、出張測定も可能ですので、お気軽にご相談下さい。(その他、紫外線/赤外線測定、フィルムに関するご相談も承ります)
Tel:075-312-8868   E-mail: info@b-pacs.com

Page Top
  • WINCOS(ウィンコス)
  • Sylphide(シルフィード)
  • 3M Crystalline(クリスタリン)