コーティングのメンテナンス

コーティングはお手入れが必須

コーティングの性能を高く保つには、日常のメンテナンスとプロによる定期メンテナンスの2つが重要です。 定期的な洗車はもちろん、半年に一回のコーティングメンテナンスでプロによる洗車と撥水能力回復施工をお勧めしています。

B-PACS公式スタッフブログ B-PACS施工車ギャラリー クチコミ/お客様の声

コーティングメンテナンス「定期的」がおすすめCHECK!!

コーティングは塗装面を強力に保護しますが、紫外線や黄砂、PM2.5などによってコーティング自身も少しずつ劣化するため、メンテナンスフリーではありません。
コーティングメンテナンスでは、プロによる洗車を行い、被膜を再生することで撥水力を復活させ、コーティングの能力を長く保たせます。

  • 洗車
    洗車
  • 被膜の補修
    被膜の補修
  • 鉄粉除去
    鉄粉除去
  • シミ取り
  • キズ補修
  • 簡易車内清掃

※ オプション

保険修理にはメンテナンスが必須です

コーティング施工車を事故などで保険修理する際に、メンテナンスを受けていなければ保障されなくなってきています。 これはコーティングが消耗品として扱われるためで、施工証明があり定期的にメンテナンスを受けていることが必要とされます。

Page Top

日常のメンテナンス洗車で長持ちCHECK!!

コーティングを長持ちさせるために、コーティングメンテナンスとともに最も重要なのは、定期的な洗車です。 ほこりや黄砂、雨水、泥などを落とすことでコーティングの負担を減らせます。
洗車時に注意すべきことは、「摩擦を減らす」ことと「水や洗剤を拭く前に乾かさない」ことです。 ゴシゴシこするなど摩擦が強くなりすぎると極小の傷が無数にでき、それが乱反射することによってボディの「艶」が無くなっていきます。 水が乾いてしまうと含まれるミネラル分が結晶化し、そこに汚れがたまる原因になります。
洗車の間隔は季節や天候によっても変わりますが、出来れば週一回、そこまでは難しいなら月一回、少なくとも季節ごとに洗車しましょう。 ビーパックスでは洗車サービスも行っており、お得な洗車チケットもございますので、ぜひご利用ください。

コーティングは洗車機に対応しているのか?

最新のコーティングなどは硬度をアピールしていますが、現状では洗車機すべてに対応していると呼べるコーティングは有りません。 「やさしく洗う」と書かれている洗車機でもコーティングを傷つける事例が発生しています。 洗車は手洗い洗車か、洗車機を使用する場合はブラシレス洗車を、もしくはビーパックスでの洗車サービスをご利用ください。

Page Top
  • Ceramic Pro セラミックプロ
  • HI-MOHS COAT ハイモースコート
  • AIGIS
  • G'zox
  • D-PRO
  • ECHELON