Hi-MOHS COAT ハイモースコート
  • ガラスコーティング取り扱いブランド一覧
  • B-PACS AIGIS
  • HI-MOHS COAT
  • D-PRO Premium Coat
  • Beautiful G'ZOX Real Glass Coat
  • GT-C GlassTecCoat
  • DIAMOND MAKE
  • ECHELON

存在感を際立たせるコーティング Hi-MOHS COAT ハイモースコート Hi-MOHS COAT(ハイ・モース コート)は、SOFT99が開発した最上級のガラス系コーティング剤です。
2層構造のコーティング被膜は、超硬度・超光沢という最高の性能を発揮。耐スクラッチ性能はもちろん、紫外線や酸性雨など様々な外敵からボディを保護します。また、まるで釉薬を思わせる深い艶が、存在感を際立たせます。
Hi-MOHS COATの性能を最大限に発揮するには高い技術が必要です。そのため、施工業者は指定講習の受講が義務づけられています。

Hi-MOHS COATの最高の性能は、コーティング被膜を2層構造にすることによって実現しました。
入念なベースメイキングから生み出される超平滑面に緻密な「プライマー膜」を施し、定められた経時の後、その上に「超撥水トップコート」を重ね塗ります。強力な架橋作用による“未体験のバリア性能”を持つ「ハイモースコートの誕生」です。

Hi-MOHS COAT オフィシャルサイト

ガラスコーティング

Hi-MOHS COAT ハイモースコート

見とれるほどの深い艶

プロの手による入念な下地処理を施されたボディーの上に、ガラス系プライマーコート塗布することで限りなくガラス質に近い被膜を形成します。これにより、青磁の名品の釉薬(うわぐすり)を髣髴とさせる深く美しい光沢が得られます。

ハイモースコート施工車両

従来品を凌駕する驚異の撥水性能

超撥水トップコートは、フッ素成分が緻密で平滑な被膜を形成します。この被膜は3ヶ月経過後も撥水が持続するほどの、従来にない撥水・撥油性能を発揮します。

ハイモースコート施工車両

日常メンテナンスで超光沢が長期間持続

Hi-MOHS COATを施工されたお車は、日常メンテナンスをすることでコーティング効果が持続します。ホコリなどの汚れは、水洗いだけで簡単に落とせます。

ハイモースコート施工車両

メンテナンスの必要性について

ガラスコーティングは、いわば「犠牲膜」

実は、メンテナンスをこまめに行うだけで、外的要因による塗装被害からクルマを守ることができます。ホコリが乗ったら払う、汚れたら洗う、というただこれだけです。しかし現実的には、多くの方がメンテナンスの時間をもてていません。また、メンテナンスを行う最適な場所や最適な道具を選ぶというのもなかなか難しいものです。そのような様々な問題をかかえた我々をよそ目に、塗装被害は毎日少しずつ進行します。春から初夏にかけては樹液が塗装に降りかかり、梅雨には酸性雨が降り、夏にはウォータースポットや虫が付きやすく、冬には雪が降り積もります。毎日のように、ボディーには酸化した物質が降り積もっているのです。そこで登場したのが「ガラスコーティング」です。ガラスコーティングは塗装の身代わりであり、いわば「犠牲膜」なのです。

施工後に「洗車しなくていい」「水洗いだけでいい」は誤解

ガラス系コーティング剤は、無機質であるガラスの皮膜を塗装表面に形成するもので、経年変化に強く、長期間の保護能力の維持が可能になりました。しかし、「ガラス系のコーティングをすれば塗装被害からクルマを完全に守られる」というものではありません。ガラスコーティングの性能を維持するためには早い段階からメンテナンスが必要になります。にもかかわらず、「ガラスコーティングをすれば洗車は必要ない」、「水洗いだけでキレイが続く」などということを聞かれたことはありませんか?これは、売り手の説明不足や過大広告によって発生した誤解です。

洗車の仕方によってガラスコーティングの持続力が変わる

ガラスコーティング施工後の間も無い頃は、洗車をすることで微細な凸凹の中の汚れを簡単に落とすことができます。ところが、ここで問題になるのが「洗車傷」です。洗車をするとどうしても入ってしまう微細な「洗車傷」は凸凹をより多く、深く、大きくすることで、どんどん汚れが溜まりやすく、取れにくくしていくのです。では、なぜ「洗車傷」が入るのでしょうか。地球上には、「摩擦」という物理的な現象が存在します。大気中に浮遊するホコリと洗車道具によって、ガラスコーティング表面上でヤスリのような状態を作ってしまい、それを動かすことで傷が入ってしまいます。「傷が入る」ということは、ガラスコーティング表面を「削る」ことになりますので、効果がどんどん低下していくのです。こういった現状を打開する策として、各ガラスコーティング専用のシャンプーをしっかりと泡立てて使用することが挙げられます。しっかりと泡立てたシャンプーを使うことで、泡が汚れを浮かせ、摩擦を減らし、洗車傷が入りにくくなります。また、水では落ちない油汚れも、ガラスコーティング専用のシャンプーなら簡単に落とせます。

正しいメンテナンスがガラスコーティングの効果を維持させる

ガラスコーティングの効果をできるだけ長く維持させるためには、少なくとも月に1度の洗車と、お客さま自身によるメンテナンスが必要です。しかし、お客さま自身による定期的なメンテナンスが行われていても、いずれは落とせない汚れがつきます。また、ガラスコーティング自体の耐久性能とは別に、撥水効果は施工した瞬間から少しずつ低下していきます。
そのような場合はプロのメンテナンスによって、できるだけ初期のキレイな状態に戻す事をお勧めします。メンテナンスをする事により、ガラスコーティングを施工時の状態まで復活させ、撥水力もよみがえります。

ガラスコーティングの効果とボディーのキレイな状態を維持するために、ビーパックスでの定期的なメンテナンスをご利用ください。

ガラスコーティング オプションメニュー一覧

ビーパックスでは、ガラスコーティングと同時施工していただくとお得なオプションメニューをご用意しています。もちろん、オプションだけの施工も可能です。

ホイールコーティング ウィンドウコーティング 室内抗菌コート 幌コーティング ヘッドライトリフレッシュ モールクリーニング 樹脂パーツコーティング
ガラスコーティング
  • B-PACS AIGIS
  • HI-MOHS COAT
  • D-PRO Premium Coat
  • Beautiful G'ZOX Real Glass Coat
  • GT-C GlassTecCoat
  • DIAMOND MAKE
  • ECHELON
  • Ceramic Pro セラミックプロ